しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:8月18日 09:35]

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2015/12/16

賞金? それとも名声? 料理人がコンテストで得られる最大の報酬とは?

12月1日、35歳未満の若手料理人を対象としたコンペティション「RED U-35」のグランプリが決定しました。見事、グランプリに輝いたのは西麻布『海鮮名菜 香宮』で料理長を務める篠原裕幸氏。フランス料理のシェフがグランプリを獲得するという過去2大会の流れを断ち切り、中国料理のシェフとして初の栄冠に輝きました。

篠原氏は授賞式で、「これからの中国料理を牽引していく存在になりたい」とコメント。今後のさらなる研鑽を誓いました。

「RED U-35」といえば、まだ3回目の開催にもかかわらず、日本中から気鋭の若手シェフが集まる大会として知られます。今年もグランプリを獲得した篠原氏をはじめ、虎の門『ピルエット』のスーシェフ・野田達也氏、広尾『マルゴット・エ・バッチャーレ』のシェフ・加山賢太氏などが参加し、レベルの高い戦いを繰り広げました。

彼らはすでに実力が認められており、一流店で責任ある立場を任されています。少し極端な意見かもしれませんが、このようなコンペティションに出場しなくても、料理人としての道は約束されていると言ってもいいでしょう。そんな彼らがなぜ、この「RED U-35」にこぞって出場するのか……。

「しょくヨミ!!」では、2014年に開催された「RED U-35」でゴールドエッグを獲得した表参道『L’AS』の兼子大輔氏を取材しています。取材の際に話していたコメントを少しご紹介しましょう。

「費用対効果の高い大会だなって感じて出場したんです。得られるかもしれない賞金、そして宣伝効果。情熱を傾けるだけの十分な魅力があった。でも実際に出場してみると、結果的にはそういう部分ではなくて、もっと別の得られるものがあった。大会で調理した料理は考え抜いて生み出したものだし、これらのメニューを通じて伝えたかったことも上手く表現できたと思う。大会に出場する前と今の自分を比べたら、かなり成長できたんじゃないかなって実感がありますね」


若手料理人ナンバーワンという称号、そして500万円の賞金。「RED U-35」には一流店のシェフが出場するだけの大きな魅力がありますが、実際に得られるのはそれだけではない様子。高レベルな戦いの中に身を置くことで得られる向上心こそが、「RED U-35」に出場した一番の収穫だと兼子氏は教えてくれました。

本来、料理人が向き合うべきはゲストであり、料理の技を競い合うことは料理人としての本質からは外れるかもしれません。しかし、競い合うことでしか生まれないものがあるのも事実。料理人を志す方は、「RED U-35」のようなコンペティションの出場を一度は検討してみてもいいかもしれません。

世界的に有名な3つのコンペティションをご紹介!

「RED U-35」は日本国籍のシェフのみを対象としていますが、世界にはさまざまな国のシェフを相手に戦うコンペティションが数々とあります。いくつかご紹介していきましょう。

■ボキューズ・ドール

世界で最も有名な料理人と称されるポール・ボキューズによって設立されたフランス料理のコンクール。世界中の料理人が一番獲得したい賞として知られています。今年は日本代表の髙山英紀氏が世界5位に輝くという快挙を達成。日本中の若手シェフに希望を与えました。

■サンペレグリノヤングシェフ

世界20の地域で予選を通過した、30歳以下の若手料理人が参加するコンペティション。今年はイギリス&アイルランド代表のマーク・モリアーティ氏がグランプリを獲得。日本からは銀座『エスキス』の信太竜馬氏が出場し奮闘しました。

■日本料理コンペティション

日本料理アカデミーが主催するコンペティション。今年で5回目の開催を迎え、今まさに大会が進行しています。このコンペティションの目的は、日本料理や日本の食文化を世界に普及させていくために、次世代の料理人を育てること。過去の大会では長岡グランドホテルの野元真善氏、『鮨割烹 に志づか』の西塚周平氏がグランプリを獲得しています。

自分の腕がどこまで通用するのか? 料理人なら誰もが一度は考えることかもしれません。これらのコンペティションは自分の実力を測るものでもありますが、兼子氏が語るように参加すること自体に大きな意味があります。ここでご紹介した3つのコンペティション以外にも、企業が主催しているもの、自治体が主催しているものなどさまざまな大会が開催されています。腕に覚えがある方はぜひ一度参加を検討してみてはいかがでしょうか。

さて今回は、料理人のコンペティションについてご紹介しました。求人@飲食店.COMでは、料理人としての腕を磨けるお仕事をたくさんご紹介しています。 料理長候補調理スタッフ調理補助・調理見習いの求人一覧をご覧ください。