しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:10月19日 22:01]

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2019/10/8

【そのまま使える】カフェ店員向け!接客英語フレーズを場面別で紹介!

画像素材:PIXTA

日本を訪れる外国人観光客は年々増加しており、2018年は訪日外国人が3000万人を突破。飲食業界でも外国人客が増えていることを実感している人も多いと思いますが、いざ外国人客が来店した時に英語で何て言えばよいのは困ったことはありませんか。今回は特に外国人の来店が多い「カフェ」でよく使う接客英語を紹介します。

>>関連記事:【業態別】飲食店の接客英語! 居酒屋・カフェ・洋食・和食で使える英語を覚えよう

場面別!そのまま使えるカフェの接客英語

(1)来店時

●いらっしゃいませ。
Hello.(Good evening.)How are you?(How’s it going?)

・読み方:ハロー(グッド・イブニング). ハウ・アー・ユー?(ハウズ・イットゥ・ゴーイング?)
・解説:「いらっしゃいませ」という言葉は英語にはないので、代わりに挨拶の言葉を交わします。「How’s it going?」は、オーストラリア英語でよく使う挨拶です。

●何名様ですか?
How many of you?(またはHow many people?)

・読み方:ハウ・メニー・オブ・ユー?(ハウ・メニー・ピープル?)

Have here or take away?(ニュージーランド・オーストラリア)
・読み方:ハブ・ヒア・オア・テイク・アウェイ?

●店内で召し上がりますか? それともお持ち帰りしますか?
For here, or to go?(カナダ・アメリカ)

・読み方:フォー・ヒア・オア・トゥー・ゴー?

●お好きな席にお座りください。
Please have a seat anywhere you like.

・読み方:プリーズ・ハブ・ア・シート・エニウェア・ユー・ライク
・解説:「sit down」は文頭に「please」を付けても失礼な印象を与えるため、使わないようご注意を。

(2)オーダー時

●ご注文はお決まりですか?
What would you like?(How can I help?)

・読み方:ホワットゥ・ウッドゥ・ユー・ライク?(ハウ・キャン・アイ・ヘルプ?)

●お飲み物はいかがでしょうか?
Would you like anything to drink?

・読み方:ウッドゥ・ユー・ライク・エニシング・トゥー・ドゥリンク?
・解説:「Would you like~?」は「〜はいかがですか?」という意味なので「~」の言葉を変えてさまざまな状況に使えます。

●ほかにご注文はありますか?
Anything else?

・読み方:エニシング・エルス?

●ご注文を確認します。○○と△△と☆☆。ご注文は以上ですか?
Let me repeat your order. I have ◯◯, △△ and ☆☆. Is that all?

・読み方:レット・ミー・リピート・ユア・オーダー. アイ・ハブ◯◯, △△アンド☆☆. イズ・ザットゥ・オール?

(3)サーブ時

●お待たせしました。こちらは◯◯です。
Thank you for waiting. Here’s your ◯◯.

・読み方:サンキュー・フォー・ウェイティング. ヒアズ・ユア・○○
・解説:「Thank you for waiting.(お待たせしました)」は、日本と違い、待ち時間が本当に長かった時に限り使用する国もあります。

●注文されたお料理はすべて揃いましたか?
Do you have everything you ordered?

・読み方:ドゥー・ユー・ハブ・エブリシング・ユア・オーダードゥ?

●食べ終わりましたか?お皿をお下げしてもよろしいでしょうか?
Are you finished? May I take your plate?

・読み方:アー・ユー・フィニッシュトゥ?メイ・アイ・テイク・ユア・プレート?

(4)会計時

●会計は5,000円です。
It’s 5000 yen.(That will be 5000 yen, please.)

・読み方:イッツ・ファイブサウザンド・イェン(ザット・ウィル・ビー・ファイブサウザンド・イェン・プリーズ)

●お釣りです。
Here’s your change.

・読み方:ヒアズ・ユア・チェインジ

(5)退店時

●良い一日をお過ごしください。
Have a good day!

・読み方:ハブ・ア・グッド・デイ!
・解説:「day」の部分は「weekend(週末)」「afternoon(午後)」「night(夜)」など、時間や場面によって言葉を変えることも可能です。

●またお越しください。
See you later. (See you next time.)

・読み方:シー・ユー・レイター(シー・ユー・ネクスト・タイム)

(6)困った時・聞き取れない時

●申し訳ありません、聞き取れませんでした。もう一度言っていただけますか?
Sorry, but I couldn’t catch what you said. Could you repeat again?

・読み方:ソーリー・バットゥ・アイ・クドゥント・キャッチ・ホワットゥ・ユー・セッド. クドゥ・ユー・リピート・アゲイン?

●少々お待ちください。店長に確認いたします。
Just a moment please. I’ll check with the store manager.

・読み方:ジャストゥ・ア・モーメントゥ・プリーズ. アイル・チェック・ウィズ・ザ・ストア・マニジャー

●確認いたします。
Please let me check on it.

・読み方:プリーズ・レットゥ・ミー・チェック・オン・イットゥ

(7)その他、カフェならではの英会話

●サイズはどうされますか?イートインはSとMがあり、テイクアウトはS、M、Lをご用意できます。
What size would you like?We have small, medium and large for here, and small or medium for takeaways.

・読み方:ホワットゥ・サイズ・ウッドゥ・ユー・ライク? ウィー・ハブ・スモール, ミディアム・アンド・ラージ・フォー・ヒア, アンド・スモール・オア・ミディアム・フォー・テイクアウェイズ

●アイスとホットどちらがよろしいですか?
Would you like it iced or hot?

・読み方:ウッドゥ・ユー・ライク・イットゥ・アイスト・オア・ホット?
・解説:「Hot or Iced?」だけでも通じます。

●コーヒーに砂糖かミルクを入れますか?
Do you like sugar or milk in your coffee?

・読み方:ドゥー・ユー・ライク・シュガー・オア・ミルク・イン・ユア・コーフィー

英語が聞き取れない・話せない時はこんな準備を

画像素材:PIXTA

(1)翻訳アプリを使う

接客でよく使う英語を覚えておくことも大切ですが、すべての場面に対応できるほどの英語をマスターするのは難しいかもしれません。急な英語での接客時にも慌てることがないよう、スマートフォンに翻訳アプリを入れておくことをおすすめします。自分が言いたいことをお客様の言語で伝えられるので、とても便利です。ここでお店でも使いやすい翻訳アプリをいくつかご紹介します。


●Google翻訳
オフライン翻訳52言語、リアルタイム翻訳30言語、テキスト翻訳103言語、写真からの翻訳37言語、2 か国語での会話の翻訳32 言語に対応していて高性能です。
GooglePlay 】 【 App Store

●SayHi 翻訳
登録した自分の音声を認識するため、賑やかなお店でも使いやすいアプリです。
App Store

●VoiceTra
海外旅行にも対応できるほど精度の高いアプリです。30言語に対応しています。
App Store

他にもさまざまな翻訳アプリがありますので、自分が使いやすいアプリをお探しください。

(2)英訳したメニューブックを準備しよう

外国人客にメニューを英語で的確に伝える自信がない場合は、英訳してあるメニューブックをあらかじめ作っておいてはいかがでしょうか。メニューの名前だけでなく、どのような内容の料理なのかを具体的に書いておくと、オーダーを取る際に料理について説明する必要がほとんどなくなります。

また、外国人のお客様が料理を明確にイメージできるように、料理の写真も載せておくことも重要です。英訳されたメニューとともに、料理の写真があれば、「思ってたのと違う」というクレームを無くすことも可能になります。

(3)身振り手振りも活用する

英訳されたメニューブックがあれば、料理について外国人客から聞かれた時、質問内容によっては身振り・手振りで答えることも可能です。

身振り・手振りで正確に伝えるためのコツは、できる限り大げさに表現したり、メニューブックを指差したりすること。もし上手に伝わらなかったとしても、接客自体をあきらめる必要はありません。外国人客は完璧な英語での接客に期待しているわけではなく、日本の食事や文化を楽しむために飲食店を訪れることがほとんどだからです。

英語が苦手ながらも丁寧に一生懸命対応していれば、来店してくれたことへの感謝やおもてなしの気持ち、真心などはきちんと伝わることでしょう。

(4)英語が話せる外国人を採用することも視野に

スムーズに英語で接客できるスタッフがいない場合は、ワーキングホリデー中の方や留学生など、英語圏出身のスタッフを採用してはいかがでしょうか。英語が母国語のスタッフが1人でもいれば、英語が必要な外国人客への接客を任せることができるので安心です。

それだけでなく、外国人スタッフに英語版のメニューブックの作成や他のスタッフに英語を教えることを任せることもできます。もし、外国人客をもてなす機会が多いようであれば、外国人スタッフを雇うことを検討してはいかがでしょうか?

<参考サイト>
【広告掲載料0円】日本の飲食店で働きたい外国人求職者から大人気! 『Food Job Japan』で外国人スタッフを探す

基本的な接客英語をスタッフと共有しよう

画像素材:PIXTA

いかがでしたか。2020年に向けて訪日外国人が増え続けるのは必至です。外国人のお客様がいつ来店しても戸惑わないように、英語で接客するための心構えを普段からしておきましょう。

外国人客にはかしこまらず、フランクに接すると喜ばれます。英語アプリやメニューブックを活用しつつ、英語の苦手なスタッフがいたら、最低限の接客英語だけでも話せるよう指導しましょう。今回ご紹介した接客英語をぜひ、仲間のスタッフへ伝え、店長は店舗スタッフへの教育・伝達などにお役立てください。

この記事をLINEでシェアする

【関連記事】

【業態別】飲食店の接客英語! 居酒屋・カフェ・洋食・和食で使える英語を覚えよう
飲食店で使える中国語の接客フレーズ。注文・会計など場面別で紹介!
人手不足の救世主! メリットいっぱいの外国人採用、知っておきたい雇用時ルール