しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:7月11日 21:41]

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2020/4/21

飲食店スタッフの空き時間有効活用法5選。暇な時間やアイドルタイムにスキルアップしよう!

お客さまが少ない時期や時間帯はやるべき業務が少なくなり、手すきの時間が増えることもあるでしょう。「やることがないな」と思う人もいるかもしれませんが、空き時間だからこそできることもたくさんあるはず。では、一体どんなことが考えられるのか、飲食店スタッフが空いた時間を有効活用し、じっくり取り組める業務を5つご紹介します。
画像素材:PIXTA

【1】お客さまの心を動かすメニューを開発


キッチンスタッフとして勤めている場合は、空いている時間をメニュー開発・改善の時間にあててみてはいかがでしょうか。期間限定メニューの開発や定番メニューのリニューアルはもちろんのこと、店内提供するものだけでなく、テイクアウトやデリバリーに向いているメニューを考えるのもおすすめです。

また、知っている人だけが注文できるような、特別感を得られるメニューを検討してみるのも良いでしょう。SNSを見た人限定、クーポンを持っている人限定などで提供できるメニューがあれば、新規客の集客だけでなく、リピーター獲得も期待できます。



【2】飲食店スタッフとして必要な情報の収集


空いている時間を情報収集のチャンスと捉え、トレンド情報や他社の戦略をリサーチする時間にあてるのも良いでしょう。自身のスキルアップにも役立つほか、お店の売上アップ対策、集客対策にまつわるヒントも見つかるかもしれません。

情報収集の方法はいくつかありますが、例えば、飲食店向けメディアの記事を読む、ライバル店のSNSやWebサイトをチェックするなどが考えられます。近年はYouTubeなどの動画サイトにも多く情報が出ているため、これらを参考にするのもおすすめです。

<参考記事>
飲食店スタッフ必見! 仕事やキャリアアップに役立つYouTubeチャンネル4選



【3】店をアピールするためのチラシや看板づくり


ふだんの営業時は忙しくて手が回らないかもしれませんが、まとまった時間が取れた場合は、看板やチラシをつくる時間として活用することもできます。お店のコンセプトやおすすめメニューを記載した看板をつくったり、テイクアウトできるメニューを記載したチラシを用意したりしてみましょう。

看板やチラシをつくること自体は、すぐに売上アップに繋がるわけではないかもしれません。しかし、閑散期に実施した宣伝が繁忙期の来客数増加に繋がる可能性も高いため、すぐに効果が出なくても無駄にはならないはず。少しでも多くのお客さまに知ってもらえるよう、宣伝のチャンスを増やすことを心がけましょう。


画像素材:PIXTA

【4】SNSを使って店舗やメニューの魅力をPR


SNSやブログ、動画サイトなどのWebツールの導入も、空いた時間を活用してできることの一つです。アップする内容は、提供している料理の写真やおすすめメニューの一覧なども良いですが、調理中の様子などを動画や写真で掲載することができれば、「食べに行ってみたい」と思ってくれるお客さまが増えるかもしれません。また、店内の風景やスタッフの様子なども掲載するとお店の雰囲気が伝わりやすく、新規のお客さまも立ち寄りやすくなります。


【5】研修によるスキルアップ


アイドルタイムなどのお客さまが来店しない時間帯であれば、スタッフの研修をする余裕も生まれることもあるでしょう。

ホールスタッフであれば、ふだんどのような接客をしているのかをスタッフ同士でロールプレイングをして確認し合い、改善点があれば指摘し合ってより良い接客を目指してみましょう。

キッチンスタッフであれば、調理で上手にできていない点を確認し合って改善する、さらに難易度の高い調理に挑戦してみるのもおすすめです。全スタッフのスキルが向上することで、店舗全体の評判やイメージも底上げされます。



来客数が少ない時でも、取り組めることはたくさんあります。手すきの時間を有効活用する習慣は、これから飲食店スタッフとしてスキルアップ、キャリアアップしていく際にも役立つはず。上記を参考にしつつ、「空いている時間をどうやって活用していくべきか?」を考えてみてはいかがでしょうか。




【この記事に関連する求人】


【飲食業界のスキルアップに関する記事】

将来の夢はカフェ開業! 出店までに身につけておくべきスキルって?
オーナーシェフとして独立開業したい! 身につけておくべきスキルとは?
飲食店の接客にもIT化の波! ホールスタッフに必要なスキルはどう変わる?