しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:7月21日 18:31]

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2019/2/5

無料Wi-Fiは当たり前!? 飲食店が押さえておきたい"時代が求める"サービス

Photo by iStock.com/yoshiurara
多くの飲食店が閑散期を迎える2月。そんな時期にこそ見直してほしいのがお店のサービスです。時代の流れに伴い、飲食店のサービスもさまざまな変化を遂げています。今回は、飲食店がいま押さえておきたいサービスをご紹介。時代のニーズに合わせてハード面を整え、集客に役立つサービスを閑散期に上手く取り入れ、集客アップを目指してはいかがでしょうか。

時代のニーズに応えるサービス

Photo by iStock.com/recep-bg

接客や料理のサービスはもちろん、近頃は設備の充実も飲食店を決めるポイントの一つとなっています。時代とともにお客さんのニーズも代わってきています。ここでは、時代のニーズに応えるサービスを見ていきましょう。

■無料Wi-Fi&充電サービス

カフェをはじめ、多くの飲食店で取り入れられている無料Wi-Fi&充電サービス。スマホやタブレット、PCなどを利用するお客さんに喜ばれるサービスです。とくに地下など電波が届きにくい場所にあるお店では、無料Wi-Fiを取り入れることで、より快適に過ごしてもらえるようになるでしょう。

無料Wi-Fi&充電サービスを取り入れる場合は、お客さんの目に付く場所でアピール。席ごとに置かれているメニュースタンドなどに、利用方法や無料Wi-Fiのパスワードを記載しておくとより親切です。

■キャッシュレス決済

PayPay祭りが記憶に新しい「キャッシュレス決済」も、現代の飲食店が押さえておきたいサービスの一つ。キャッシュレス決済とは、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済など現金を必要としない決済方法のことを指します。

日本は世界のなかでもキャッシュレス後進国と言われていますが、昨年末に「PayPay」が話題になるなど、徐々にキャッシュレス決済が広がりつつあります。政府も「2025年までにキャッシュレス比率を40%まで上げる」という目標を掲げ、キャッシュレス化に乗り出しています。キャッシュレス決済は、ますます飲食店に浸透していくことになるでしょう。

キャッシュレス決済の導入は、来店機会の損失を防ぐとともにインバウンド対策としての効果も期待できます。海外では、キャッシュレス決済が一般的な国も多く、そうした観光客からの需要を見込めるのです。

集客に役立つイマドキのサービス3選

Photo by iStock.com/daruma46

飲食店の永遠の悩みでもある、集客。とくに閑散期は、集客方法に頭を悩ませている飲食店スタッフも多いことでしょう。閑散期に改めて集客サービスを見直すことで、集客アップを目指してはいかがでしょうか?

■SNSを用いた集客

InstagramやTwitter、Facebookなど、SNSを用いた集客は今や当たり前。SNS映えする写真の掲載やハッシュタグの利用など、工夫を凝らしながらSNSを利用している飲食店も多いのではないでしょうか。

SNSを利用する際に意識したいのが、それぞれの特徴を理解すること。例えば、Instagramは若年層の女性に人気のSNS。一方、Facebookは高年齢層へのアピールも期待できます。SNSごとの特徴を知ることで、より一層集客に役立てることができます。

また、SNSを利用した割引サービスも増えています。料理写真の投稿や、お店のアカウントをフォローしてもらうことで、割引をおこなっている飲食店も多いのではないでしょうか。そんななか最近話題となっているのが、写真投稿を条件に、SNSのフォロワー数(お客さんのアカウント)に応じて割引をする「フォロ割」。フォロワー数が多いインフルエンサーが来店すれば、必然的に割引率は高くなりますが、大きな宣伝効果が期待できます。

■O2Oを利用した集客

O2Oを利用した集客術も近年話題です。O2Oとは「Online to Offline」の略で、オンライン上から実店舗(オフライン)へと、お客さんを誘導すること。例えば、アプリで割引クーポンを配布するのもO2Oを活用した集客です。

こうしたオンラインから実店舗へ誘導する手段のなかでも注目されているのが、位置情報を活用したサービス。ユーザーの位置情報を把握することで、タイミング良くアプローチができます。LINEが提供する「LINE Beacon」や楽天の「RMP - Go! Spot」など、大手企業が参入を始めています。

■ユニークな割引サービス

クーポンやポイントカードを使った割引は飲食店の定番サービスの一つですが、最近ではユニークな割引サービスを展開する飲食店も少なくありません。珍しい割引サービスは、SNSで話題になりやすく、集客効果も期待できます。

例えば、博多の屋台を再現した居酒屋『屋台屋 博多劇場』では、アプリ会員の特典として、誕生月に餃子のプレゼントを実施しています。対象者には、年齢と同じ数の餃子がプレゼントされるという大盤振る舞いのサービスです。

そのほかにも、血液型割引やくじ引きによる割引、じゃんけん割引など、さまざまなお店でユニークなサービスが実施されています。自分が思わず行ってみたいと思うような割引方法を検討してみてください。

今回は、時代の流れに沿ったさまざま飲食店のサービスをご紹介しました。定番のサービスを抑えるのはもちろん、お店をアピールできるような独自のサービスも取り入れたいところです。アプリやSNS、キャッシュレス決済など、新時代のサービスを上手く取り入れて、さらなる集客を図りましょう。

【飲食店のサービスに関する記事】

飲食店の閑散期、2月はこう乗り切ろう! 飲食店の大敵「ニッパチ」にできる3つの対策
水だけ客・騒がしい客… 飲食店の「困った客」へはこう対処する!
飲食店の接客にもIT化の波! ホールスタッフに必要なスキルはどう変わる?
飲食店の梅雨のおもてなし ~リピーターを生むホールスタッフの接客術~