しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:2月27日 01:23]

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2020/4/24

飲食業界でのキャリアアップを成功させたいなら、まずは自己分析! 方法や実施するメリットは?

皆さんは、飲食店スタッフとしてのキャリアを見直すために、自己分析をされていますでしょうか。本当にやりたい仕事や自分に向いている業務を改めて考えることは、ステップアップしていくために欠かせない作業です。さらなるキャリアアップのためにも、少しずつ時間を見つけて自己分析をしてみませんか?
画像素材:PIXTA

飲食店スタッフに自己分析が必要な理由は?


自分に適した仕事や企業を見つけるためには、自己分析が欠かせません。「自分がどんな職種に興味を持っているのか」「どういう業務が得意なのか」とじっくり分析していくうちに、自分の強みや価値観が明確になり、それによって今以上に適した仕事が見つかる可能性もあります。また、自己分析の結果をもとに長所や仕事に対する意欲を履歴書や職務経歴書、面接などでしっかりアピールできれば、キャリアアップを目指すための転職活動も成功することでしょう。


自己分析の方法は4つ


自己分析の方法は大きく、「自分史やキャリアを振り返る」「これまでの経験から長所と短所を探す」「就きたい職種や興味のある分野は何かを考え、向いている仕事を分析する」「ビジョンを構想する」の4つです。

■自分史やキャリアを振り返る


これまで経験した仕事、力を入れていたこと、効率を上げるための工夫、習得したスキルなどを書き出しましょう。褒められた出来事ややりがいを感じた瞬間など、詳細であればあるほど、より自分のことを理解できます。

■経験から長所と短所を探す


まずは自分が思っている長所・短所を書き出し、次に家族や友人、仕事仲間の意見を聞いてみましょう。どうしても長所が見つからない場合は、問題や困難なことを乗り越えた際に発揮した能力や、褒められたときに言われた言葉などを長所ととらえることをおすすめします。短所は、何度も失敗してしまったことやよく注意されてしまう点などを挙げてはいかがでしょうか。長所や短所がはっきりわかれば、履歴書を記載する際にも役立ちます。

■携わりたい職種や興味のある分野を考え、向いている仕事を導き出す


飲食店の仕事には接客や調理だけでなく、裏側で店舗運営を支える業務もたくさんあるので、携わりたい職種や興味のある分野は何なのか、じっくり考えてみましょう。さらに、自分の強みを発揮できたエピソードや、そこから学んだことなども思い返すことで、きっと自分に向いている仕事が導き出せるはずです。

■ビジョンを構想する


「なぜ飲食業界で働きたいのか」を見つめ直したうえで、今後の目標や身につけたいスキルなどについて、10年先までイメージしながら考えてみましょう。将来的に飲食業界で成し遂げたいことを明確にしておくことも大切。ビジョンを構築しておくことで、面接で質問を受けたときにスムーズに答えられるだけでなく、長いスパンでのモチベーション維持にもつながります。

画像素材:PIXTA


飲食店スタッフが自己分析をするメリットは?


自分を見つめ直すことで、今まで気づかなかった能力や長所を発見でき、「携わりたい仕事」や「自分に適した仕事」も具体的に思い描けるようにもなります。また、しっかり自己分析ができていれば、多数ある求人からエントリーすべき企業や職種をスムーズに絞り込め、逆に自分に適していないものを選ぶことがなくなります。



自己分析することで、自分の強みや興味・関心を今まで以上に明確に理解でき、得られた結果は、就職・転職活動に大いに活かせることでしょう。また、自分に本当に向いている仕事を選べるようになるため、採用されたあとの早期離職を防ぐことにもつながり、長いスパンでイキイキと働けます。今後、飲食店スタッフとしてさらに上のポジションを目指している方やキャリアチェンジを考えている方は、自己分析をする時間を設けてはいかがでしょうか。




【この記事に関連する求人】


【飲食業界でキャリアアップを目指す】

飲食店スタッフが考えたいこれからのキャリアプラン。キャリアアップへの道は?
料理人の転職、その理由はステップアップ! 料理人がキャリアを形成する3つの方法。
独立開業だけがゴールではない。組織に属しながら夢を叶える料理人たち