しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:9月18日 23:46]

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2019/6/20

ラグビーW杯が日本で開催! 観戦が盛り上がるスポーツバー&運営や集客アイデアも

画像素材:PIXTA

2019年9月、ラグビーワールドカップが日本で開催されます。サッカーワールドカップで各地の飲食店が大盛り上がりだったのが記憶に新しいように、スポーツイベント中は特に試合観戦ができる飲食店にお客さんが殺到します。売上アップのチャンスでもあるので、集客のために店内で試合の中継を放映したいと考えている飲食店もあるのではないでしょうか? そこで今回は、東京・大阪・名古屋で人気のスポーツバー、スポーツバーの運営におけるポイントや注意点などをご紹介します!

東京・大阪・名古屋で人気のスポーツバー10選

画像素材:PIXTA

まずは東京・大阪・名古屋で人気のスポーツバーをピックアップ。仲間と楽しめること間違いなし。ラグビーワールドカップの観戦もきっと盛り上がるでしょう。

■ロスカボス(東京・新宿)

どの位置からでも試合を観ることができる席配置が人気。サッカーFC東京のオフィシャルパートナーで、トークショーやOB選手を交えたサッカー観戦などのイベントも開催されています。

■クラフトビールタップ(東京・新宿三丁目)

常時100種類以上のビールがあり、そのうち20種類以上が樽生。おいしいビールを味わいながらスポーツ観戦することができます。幅広いスポーツを放映しており、リクエストにも対応しています。

■エスタディオ(東京・渋谷)

サッカーショップ「KAMO」がプロデュースする店。日本代表やJリーグ、海外リーグなど、国内外のサッカーを放映しており、どの席からでもゆったりと観戦できるように配置されています。

■フラット(東京・銀座)

120インチの大型スクリーンで各種スポーツ観戦を楽しめるほか、併設しているゴルフバーでは、250インチの大画面のゴルフシミュレーターで、100を超える国内外の有名コースをラウンドできます。

■スポーツバーC(東京・六本木)

店名の通り、広島東洋カープ推しの店で、カープ戦は全試合中継。ほかのスポーツも放映しており、カープファンでなくても、もちろん入店可能です。

■パセラリゾーツ(東京・赤坂)

有名カラオケチェーンのパセラリゾーツ。完全個室なので、周りを気にせずにスポーツ観戦を楽しむことができます。年中無休で朝まで営業しているので、時差のある海外のスポーツ放映にも対応可能です。

■ウー(大阪・なんば)

野外に設置されたスクリーンは、なんと500インチ!音響設備も整っているため、まるで試合会場にいるような臨場感を味わえます。BBQを楽しみながら観戦できるプランが特に人気です。

■サルバンチョウSB×2(大阪・北新地)

元ラグビー日本代表がオーナーで、多くのスポーツファンが集まる店。ラグビーのみならず、各スポーツの日本代表戦は全試合観戦できます。元アスリートが厳選した和牛を使った料理も人気。

■リリーバンケット(愛知・伏見)

ビルの3F~6Fがレストランフロアになっており、テイストの異なる4つの空間でスポーツ観戦ができます。料理も本格的で、ホテルで修業を積んだシェフがつくるイタリアンを味わえます。

■ドリームキャッチャー1985(愛知・矢場町)

多くの有名アスリートが訪れる店として有名。店内にはサインやレアグッズがたくさん展示されており、イチロー選手のサイン入りユニフォームもあります。

スポーツバーを開業するには?

では、ここからスポーツバーの開業や運営についてご紹介。スポーツバーとは野球やサッカーなど、スポーツを観戦するためのテレビやスクリーンを設置し、スポーツ観戦をしながら食事やお酒が楽しめる飲食店。スポーツバーを開業するには、出店地域の保健所・食品衛生課に営業の申請を行ない、許可を得る必要があります。また、深夜営業する場合には、営業開始の10日前までに管轄する警察署に届け出なければなりません。すでにこれらの申請が済んでいるいる飲食店なら、TVを置けばすぐにスポーツ観戦可能な店になります。

スポーツイベントがある日とない日で売上に差がある

スポーツバーの運営で大変な点は、売上がイベントに左右されること。その対策として、最近では、定期的にある世界大会を主軸に、国やスポーツを限定せずに展開している店やスポーツ以外のイベントをおこなう店が多いようです。しかし、いろんなことをやりすぎると店に一貫性がなくなり、その結果、お客さんが離れてしまう恐れがあるので注意が必要。最初に決めたコンセプトやターゲットはぶれさせないことが重要です。

スポーツバーの効果的な集客方法は?

画像素材:PIXTA

近年さまざまなスポーツの日本代表チームが好成績を収めており、その盛り上がりによってここ数年でスポーツバーが増加しています。その分、集客に力を入れなければ、お客さんから選んでもらえません。ここですぐに実行できる集客アイデアをご紹介します。

■イベントの告知をする

お客さんは多くの場合、その日のイベントの内容によって来店します。店舗のブログやSNSなどで、何の中継が何時からあるのかを告知しましょう。事前に内容が決まっている場合には、チラシを配布するのもいいかもしれません。

■キャンペーンを実施する

大会期間中にメニューの割引や出場国に関する限定メニューの提供など、キャンペーンを実施すると、新規客の呼び込みにも有効です。事前告知をした上で、当日は通行人の目に留まりやすいように、店頭看板などでしっかりアピールするのがおすすめです。

中継放映は著作権法に要注意!

飲食店でテレビ中継を放映することは、場合によって著作権の侵害となる可能性があり、注意が必要です。

■放映できるケース

店内に家庭用テレビを設置し、鑑賞料を徴収せずに放送番組をリアルタイムで流すのは、著作権侵害にあたりません。ただし、録画した番組や販売されているDVDやブルーレイの場合は、個人で楽しむだけであれば構いませんが、不特定多数の方が出入りする場所で流すことは、私的利用の枠を超えていると見なされ、著作権侵害になります。

■著作権違反になるケース

家庭用ではない大きなスクリーンでテレビ中継を流すのは、著作権違反になります。入店料やチャージを徴収したり、お客さんにグッズなどを販売するのは、営利目的と見なされます。店内でパブリックビューイングをおこないたい場合は、ライセンス料を払えば実施することも可能なので、権利を所有している会社に一度問い合わせしてみてください。

まだ間に合う、飲食店をスポーツバー化して集客アップ

いかがでしたか。ここ数年日本でもスポーツバーの存在が定着し、家のテレビではなく飲食店で大勢でスポーツを観戦したいと考える人が増えています。とくに2019年9月にラグビーワールドカップが日本で開催されることもあり、期間中はスポーツバーが多いに盛り上がることでしょう。イベント期間中は売上アップと新規客獲得の絶好のチャンス。この機会を逃さないために、居酒屋やバーなどの飲食店は今からスポーツ観戦の準備を進めてみてはいかがでしょうか。

求人@飲食店.COMでは、飲食店の求人情報を多数掲載しています。 バーの正社員求人一覧バーのアルバイト求人一覧居酒屋・ダイニングバーの正社員求人一覧居酒屋・ダイニングバーのアルバイト求人一覧をご覧ください。

【飲食店のトレンドに関する記事】

ベジタリアン・ハラール対応は飲食店の新常識!? 早期対応でインバウンド需要を取り込む!
令和の飲食業界はどうなる!? 平成に思いを寄せながら飲食業界30年間の変遷をたどる
高級食パンが全国を席巻! 空前のパンブーム到来でパン職人の需要大!?
消費税増税、入管法改正、GW10連休、キャッシュレス化…2019年飲食業界の動向をチェック!
「インスタ映え」する飲食店10選! 話題の店に学ぶSNS集客のヒント