しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:8月19日 23:58]

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2015/4/16

自由が丘はオシャレなだけじゃなかった! 地元民が愛する“通好み”の3店

住みたい街ランキングで常に上位をキープし、憧れの街として人気を集める自由が丘。『IDÉE』や『TODAY'S SPECIAL』といった話題のインテリアショップ、『モンサンクレール』をはじめとした有名スイーツ店…。街を散策するだけでオシャレな気分が味わえる、洗練された街並みが人気を呼んでいます。

もちろん街並みだけではなく、そこに存在する飲食店の評価も上々。『ミシュランガイド2014』では、星の獲得こそ逃したものの、10店舗が「ビブグルマン」に選出され、グルメタウンとしての存在感を示しました。

今回は、そんな自由が丘の名店の中から“通好み”の3店舗をピックアップ。オシャレな街並みを味わったあとは、自由が丘のディープな魅力を味わってみてください。

■ほさかや

Photo by Toshimasa TANABE「塩串」※画像はイメージ

自由が丘を語るうえで絶対に外せないうなぎの名店。創業から60年もの間、自由が丘の食文化を支えてきたお店で、その情緒あふれる店構えに街の歴史を感じることができます。店内は15席ほどのコの字型カウンターで構成されており、夕方17時にもなると、地元の常連客で賑わいます。名物はうなぎの串焼き。かしらやひれ、きもといった部位を丁寧に焼き上げ、それをつまみにお酒を楽しみます。ほかにも、レバーの蒸し焼や煮こごりといったメニューも人気。一人当たり2,000〜3,000円程度で満足できる、良心的な価格設定も魅力です。

【ポイント】

小一時間程度でサクッとお店を出るのが粋な飲み方。ちなみに店内には灰皿がなく、タバコは床に捨てる方式。一見さんは少し戸惑うかもしれません。

【Twitterのコメント】

「パイセンとほさかや。肝とかひれとか頭とか初めて食べたけどうまー!」
「自由が丘 ほさかや。早い時間からの飲酒はたまらんです」
「自由が丘の『自由』って、ほさかやで思うぞんぶんヤカン酒をいただく『自由』を指すのではないかな。受け皿になみなみ。鰻ヒレ串とともに」
「普通のお店では使われないヒレとか珍しい部位も300円で食べることが出来るうなぎ専門店ほさかや!うまし! 」


住所/東京都目黒区自由が丘1-11-5

■とよ田

Photo by Ryo Fujita「Karaage with pickled turnip」※画像はイメージ

『ミシュランガイド2014』の「ビブグルマン」に選出されたから揚げ専門店。メニューは砂肝、手羽、ももの3種類。ほかのメニューはお新香と焼きおにぎりしか用意がなく、それだけにから揚げに対する本気度を窺えます。
3種類のうち一番最初に供される砂肝は、カリカリに揚げられていますが中身はしっとり。噛みしめるほどに滲み出る旨みが、グイグイとビールを誘います。そして次に供される手羽は、小骨が食べられるほど丁寧に揚げることで旨みをギュッと閉じ込めた逸品。さっぱりとした塩加減なので、肉本来の味わいを堪能することができます。そして最後に供されるももは、この3品のなかでも一番ジューシーな味わい。肉厚なもも肉にガブッとかぶりつけば、口のなかに上質な肉の旨みが広がります。
営業中はほぼ満席。17時半〜18時の入店のみ予約を受け付けているので、早めに来店できる場合は予約をしましょう!

【ポイント】

21時以降に来店すると、ももが売り切れていることも。から揚げ3種をしっかりと味わいたいなら、早めに来店することをおすすめします。

【Twitterのコメント】

「とよ田にて味わう美味すぎる鳥のから揚げ」
「自由が丘で唐揚げと言えば雛鳥骨まで柔らかく食べられるとよ田がベスト」
「仕事終わりで自由が丘に。ノープランだったんだけど運良くとよ田に入れた。砂肝、モモ、手羽のから揚げ3種のみという、シンプルさ最高」
「念願の!自由が丘、とよ田。これが本物の砂肝だ。超絶! 」


住所/東京都目黒区緑ヶ丘2-17-12
TEL/03-3723-7683(17:30〜18:00の入店のみ予約可)

■米沢屋

Photo by Tatsuo Yamashita「焼肉!」※画像はイメージ

その名の通り、米沢牛を扱っている焼肉店。ほとんどの部位がスライスされずに塊のまま供されるので、ある程度の“焼きテクニック”が必要。ただし、お店の方にお願いすればしっかりと焼いてくれるので、不安な方はお願いした方がいいでしょう。名物は特上タンやハラミ。これだけでも十分に楽しめるお店なのですが、日によってはメニューに載っていないランプやサーロインを用意していることもあるので、「今日のおすすめありますか?」とお店の方に聞いてみましょう。この裏メニューこそが米沢屋の魅力で、特に醤油と山わさびで食べるランプは絶品。訪れたらぜひ食べたいメニューです。ちなみにメニューに載っていない肉を頼むと、お会計が格段に跳ね上がるのでお財布にはある程度の余裕を!

【ポイント】

自由が丘から結構距離があるので、タクシーを利用した方が良い。裏メニューは肉1種類で5,000円超えの場合も。

【Twitterのコメント】

「東京の世田谷にある米沢屋って焼肉屋さんがめっちゃ焼肉美味しくてあたしゃ感動すら覚えたよ。」
「米沢屋なう。めっちゃ好き。美味い」
「米沢屋最高過ぎた」


住所/東京都世田谷区深沢3-3-13
TEL/03-5707-5575(予約可)

自由が丘にはまだまだ名店があります。本格ウイスキーの聖地とされている『スペイサイドウェイ』、東京を代表する居酒屋とも言われている『金田』、隠れ家イタリアンとして有名な『mondo』…。どの店もここでしか味わえない強い個性を持っているので、自由が丘に訪れた際は、ぜひ足を運んでみてください。

求人@飲食店.COMでは、自由が丘の飲食店求人をたくさん紹介しています。 自由が丘駅の求人一覧よりご覧ください。