しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:11月18日 12:18]

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2019/11/5(2019/11/14更新)

2019年秋冬に注目したいトレンドメニュー5選! 繁盛店の驚きのアイデアを紹介

画像素材:PIXTA
寒さが身に染みる季節になりました。今秋冬もさまざまな飲食店で、SNSでも盛り上がりそうなメニューが続々と登場しています。ユニークな鍋料理や新大久保で流行中のチーズ料理、秋に狩猟期を迎えるジビエを使ったメニューなど、繁盛店の驚きのアイデアをずらりとご紹介します。

(1)流行を上手く取り入れた新鍋「生スパイススープ鍋」

2019年秋冬は、生のスパイスを使った鍋がトレンドに。スパイスにより食欲が刺激され料理が一層美味しく感じられるほか、美肌・美容効果への期待や新陳代謝の活発化などをお客様に訴求できます。

九州料理専門店『九州黒太鼓 池袋』で提供される「生スパイススープ鍋」は、生粒胡椒と生七味がたっぷり入っているほか、青唐辛子味噌や柚子胡椒がアクセントとなり、香り豊かに仕上がっています。野菜や肉はあくまでも脇役という位置づけで、辛みと旨みのバランスが絶妙な“スープ”をメインとしている点が斬新です。

【参考記事】 2019年度に流行る鍋は「生スパイス鍋」。ホットペッパーグルメ外食総研がトレンド調査

(2)あっと驚く演出がスゴイ!「しろふわ かまくらおでん鍋」

鶏料理専門店『鳥福』で提供される「しろふわ かまくらおでん鍋」は、鍋の上にかまくらのような白い食材がこんもりと乗っている不思議な鍋。
この白いふわふわとした食材の正体は、とろろ&卵白。お客様の目の前で鍋を火にかけると、少しずつドームが膨らんでいく仕組みになっています。ドームを崩して10種類のおでんが現れる瞬間は、大いに盛り上がるはず。
  

(3)ついに鍋でも悪魔めし「悪魔の唐揚げ とろーりチーズ鍋 ~天使か悪魔か!?~」

インターネットやメディアで話題となり、コンビニ商品としてシリーズ化されるほど人気を誇っている「悪魔めし」。2019年秋冬はその悪魔めしが「悪魔鍋」へと波及している模様。

『鳥福』で味わえる「悪魔の唐揚げ とろーりチーズ鍋 ~天使か悪魔か!?~」は、トマトベースのコク深いスープに、揚げ玉で衣付けした“悪魔の唐揚げ”500gがずしりと入っていてインパクト大。ココア風味の悪魔玉を沈めるとスープの色が黒く変化し、ミルクバター風味の天使玉を入れると白くなるという面白い仕掛けも。

食べる直前にトロトロのチーズをたっぷりかけることで、見た目が華やかになるうえ味が濃厚に。フォトジェニックなだけでなく、病みつきになる美味しさも追及した逸品です。
画像素材:PIXTA

(4)チーズフォンデュが進化!?「UFOチキンフォンデュ」

チーズフォンデュの進化版ともいえる「UFOフォンデュ」が新大久保で大流行しているようです。「UFOフォンデュ」とはチーズフォンデュをチキンでぐるりと囲んだ料理のことで、アツアツのチーズをチキンに絡ませて食べます。

ブームの火付け役となった店は『グッネチキン 新大久保本店』。同店ではチキンのフレーバーを10種類から選べ、「次に行った時は違う味を食べてみたい!」と何度も通ってもらえる工夫が凝らされています。フライドチキンを使用する店が多いなか、焼いたチキンを使っているため、こってりし過ぎていない点も人気の理由です。
  

(5)秋冬が旬のジビエを美味しく「ジビエおでん」

寒さが深まり始める秋には狩猟が解禁され、冬にかけてジビエが旬を迎えます。特に2019年は干支である猪料理を扱う飲食店がじわじわと増えたため、ジビエ人気が上昇中です。

長野県にあるリゾート温泉旅館『星のや軽井沢』では、2019年11月18日から2020年3月31日までの間、夕食メニューに「ジビエおでん」を追加。仔猪は2日間じっくり煮込んで味をしっかり染み込ませる、キジやウズラは骨付きのままおでんに入れるなど、ジビエの旨味を十分に楽しめるように工夫されています。

また、ベースの鶏がら出汁には、鹿モモのミンチ・赤味噌・野菜などをブレンド。仕上げに鹿節を加え、具材のおいしさを惹き立てる仕上がりに。ねぎだれ・柚子胡椒・山椒、・かんずり・七味・和辛子といった6種の薬味をおでんに付けて堪能することもできます。

【参考記事】 ジビエの取扱に資格は必要? 調理法から人気店までジビエの魅力を解説!

話題性の高いメニューを作るには「味」と「演出」が大切

今回ご紹介したメニューから考えると、話題性の高いメニューを開発するために大切なことは以下の2つ。

・お客様がリピートしたくなる美味しさを追求すること
・思わず写真や動画をSNSで発信したくなるような演出を取り入れること

これらのことを踏まえながらメニュー開発を行うことで、お客様の満足度を高められ、リピートしてもらえたり、拡散してもらって新たな集客につなげられたりする可能性もあります。
また、「UFOチキンフォンデュ」や「ジビエおでん」のように何種類ものフレーバーや薬味を用意することで、リピートされるお客様の楽しみを増やすという方法も有効といえるでしょう。

新たなメニューを考案することは難しいですが、繁盛店のアイデアを参考にしてみるのもおすすめです。
自店のコンセプトや旬の食材などを考慮しつつ、新メニューを考えてみてはいかがでしょうか。

【季節のメニュー開発・SNS集客に関する記事】

飲食店における春の集客術! 女性を呼び込む春メニュー開発・販促3つのポイント
夏メニューで集客! 夏の食材をおさらい&メニュー開発の秘訣とは?
「インスタ映え」する飲食店10選! 話題の店に学ぶSNS集客のヒント

求人@飲食店.COMでは、飲食店の求人情報を多数掲載しています。 メニュー開発が身につく飲食店の求人一覧をご覧ください。