オープニングスタッフ募集を中心とした飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト「求人@飲食店.COM」 [更新:12月16日 00:46]

  1. トップ
  2. お店からの投稿

スタッフ紹介・研修に関するお店からの投稿

求人@飲食店.COMに掲載中の店舗が、スタッフ紹介・研修に関するリアルタイム情報をメッセージと写真で投稿しています。
  1. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★普段からの備えが大切!消防訓練に、今回は、たこ梅分店の森口さんが参加です!!★☆ 阪急百貨店と阪急梅田駅の間でJR大阪駅の東側高架下という、地下鉄御堂筋線の梅田駅、阪急の梅田駅、JR大阪駅からいずれも徒歩1分以内の超々キタのど真ん中に、飲食店が100軒ほど集まる「新梅田食道街」があります もちろん、人通りも多いです それで、新梅田食道街では、お客さま、働く人、通行される方などの安全のため、毎年、消防訓練をやってます 一昨日の11月22日も、消防訓練の日でした 今回、たこ梅からは、新梅田食道街 たこ梅分店のムードメーカーで人気者の森口さんが、参加してくれています こうやって、定期的に防災につとめています 森口さん、ありがとうございました!!

    スタッフ紹介・研修
  2. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★MG研修初参加の島田さんに「利益が見える戦略MQ会計」を差し上げました!その1★☆ <「社員は経営者の視点で考えろ!」って、ホンマにできる?> それは、「社員には、経営者の視点で考えて行動しろ!」「経営者のつもりで仕事に取り組め!」って、、、 まぁ、実際、社員さんにこんなカンジで叱咤激励されている社長さんも、よく見かけます という、私も、実は、同じように思ってました でもね、わかったんです、、、 これ、、、ムリやわ!!(笑) 当たり前ですが、現実、社員さんは、社長じゃないし、、、 それに、経営者や社長って、立場上、明らかに多くの情報(例えば一部門だけじゃなく多数の部門の情報、社外情報など)を持っています そして、自分事として、会社全体のことが、いつも気になっている これが、「経営者の視点で、、、」考えるベースとなっているんですよね だから、こんなんナシで、社員さんに「経営者として、、、」って、無謀というかムシがよすぎるというか、、、 <社員さんは自主経営のためのMG研修!> といっても、私は、社員さんが、自分の仕事に関連する情報を必要なだけ十分に手に入れられたら、自律的にしっかり仕事する!いいかえると、自分の役割の範疇(あるいはそれを越えて)自主経営できる!と思っています その一環で、まず、会計情報の社員さんへの公開に向けて、会計の勉強をしてもらうことにしました

    スタッフ紹介・研修
  3. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★MG研修初参加の島田さんに「利益が見える戦略MQ会計」を差し上げました!その2★☆ <MG研修参加者に会計の本をプレゼント!> たこ梅では、この1回2日間のMG研修、少なくともひとり3回ずつ参加することにしています そして、以前、このMG研修に初めて参加したスタッフさんから、「MG研修の復習とか、わからないことを調べられる参考書というかテイストみたいなのないでしょうか?」って尋ねられました それで、この本を選びました MG研修の生みの親である西順一郎先生が監修された「利益が見える戦略MQ会計」(宇野寛 米津晋次 著)です そして、初めてのMG研修が終わったら、参加されたスタッフさんにプレゼントしています もちろん、今回は、この人にプレゼントです 新梅田食道街 たこ梅北店の島田さんに「利益が見える戦略MQ会計」をさしあげました また、この「利益が見える戦略MQ会計」のページをめくって思い出しながら、現場の実務の中でも、ぜひ、MQ会計を活用していってね!!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  4. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★道頓堀 たこ梅本店の和田店長と11月の店長面談です!★☆ 月の後半に入ると、順番に店長さんと面談が始まります 店長面談では、その月のあったことや課題、翌月に向けてのことなどを話し合います 昨日は、道頓堀にある たこ梅本店の和田店長と店長面談をやっていました 私は、普段、営業時間中、お店にいません これって、いい面もあれば悪い面もあるんだろうと思います 一般的に言って、悪い面としては、お店で起こっていることを自分の目で見られないということだろうと思います ただ、お店の店長さん、スタッフさんが、自分の役割をわかって取り組んでいたら、うまくいかなかったとしても、そこに向き合えると思っています そんなとき、店の中に私がいないことで、店の中にいる人とは異なる視点でその出来事を眺めることができます それが、私が、店にいないことのひとつのメリットになっています 自分が直接の当事者でないので、はまり込んで「見えなくなる」ことから自由でいられるのです 昨日も、スタッフさんの育成やお客さまのファン化によるリピートの安定化などについて、各々の視点で意見を交換しました また、面白いことがおきそうです!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  5. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★クリーン・ランゲージの「クリーンな問い」シートを各店に配布です★☆ 自分の前提や枠組みで相手の考えを狭めることなく、相手の自由な考えや発想を取り出すクリーンランゲージというテクノロジーがあります それも、12個ほどの質問を使うだけ、、、 さらにいうと、3,4つの質問で、実際は、質問のうちの80%以上カバーできてしまいます それが、クリーン・ランゲージというコミュニケーションテクノロジーです 先週、「もし、クリーン・ランゲージの3,4つの問いを普段の仕事でつかったらどんなことが起きるのか?」というところから、日本に2人しかいない公認トレーナーのおひとりである松田依子先生にたこ梅においでいただいて、社員さん向けに、普段の仕事で使えるクリーン・ランゲージの講座を開催していただきました 今回は、総勢12名のスタッフさんに受講いただきました とはいっても、普段使う、、、となると、例え、2,3の質問といえども、これまで使っていないものを取り入れるのって、ハードルが高い! そもそも、「どんな問いがあったっけ?」とかってなりがちですし、、、 それで、こんなもんつくりました! 講座の時、松田先生にいただいたクリーンな問いの一覧表(左)をもとに、(たこ梅は老眼の人も多いので ^^;;;)文字を大きめにしたりして、さらに、汚れにくいようにパウチをしたシート(右)を作ったんです こういうのが、店にあれば、例えばフィードバック面談のときも、シートを横において、見ながら使えますよね また、会議の時も、テーブルの上に置いておいたら、クリーンな問いをつかいながら会議もすすめられたりする 店と会議スペースにおけるように、何枚も作ってパウチしました で、これをお店に配りました! もちろん、会議スペースのイーゼルパッドにもはってあります また、ちょっと、クリーンな問いを使える環境が調ってきたかな?(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  6. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★「深夜のアカンやつ」シリーズ化しません!だって、、、^^;;;★☆ 今回の議題のメインのひとつは、前回、超好評!1300人以上のお客さまが参加して下さった関東煮総選挙に変わる新企画の検討です たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)の中で、好きな関東煮に投票するというのが関東煮総選挙です この関東煮総選挙、投票するときはお客さまも盛り上がるのですが、途中経過の発表がなかったせいもあるかと思いますが、投票後がイマイチ盛り上がらない、、、 そりゃそうですよね 投票したら、発表まであんまり関心ないものね、、、 それで、そのあたりを克服して、イベント期間中、ずっと!あるいは、何度も!気になるとか楽しめるようにできないか? そんなことをうちのスタッフさん、考えていたようです どうやったら、何回も楽しめるか? そんなことを考えていて、エエもん見つけてきたらしい、、、 例のアレ!をパロってやることにしたみたい さらに、楽しんでもらえるような工夫やお知らせ、告知についても、いろんなアイデアを出し合ってました で、だいたい、形もスケジュールも決まったようです 実際、何をパロって、どうするのか? あーーー、言いたい!! けど、口止めされてるので、今月の下旬にお店で、何をやるのか見てくださいね! お知らせポスターが貼られているでしょうから!! 楽しみにしててねーーーー!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  7. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★11月のワクワク勉強会、新人 深澤さんも参加してくれました!★☆ 先日、11月のワクワク勉強会でしたが、今年入社の新人 深澤さんも飛び入り参加してくれました 定例のメンバーがいるワクワク勉強会、現場会議ですが、だれでも飛び入り参加OKなのです だれでも、、、って、正社員さんやパートさんなどの職種にかかわらず、たこ梅で働いている人だたったら大丈夫なのです テキストは、ワクワク系マーケティング実践会の9月の情報誌です この中には、実践会員さんの事例が多数掲載され小阪先生らの解説が載っています ひとり、ひとつの実践事例を担当して、アクティブ・ブック・ダイアローグ®形式で勉強会はすすみます この日もそうですが、ワクワク系マーケティングの実践事例から、参加メンバーさんの気になる箇所をピックアップして対話していきました あたりまえ、、、といえば当たり前なんですが、ワクワク系マーケティングへの理解が着実に深まっていきます そうすると普段の仕事の中でも「そういう」モノの見方ができるようになりますし、お互いの会話での共通言語としても機能するので、より効果性が高くなります すぐに効果は出ないかもしれませんが、じんわりと、そして、着実に仕事のプロセスに効いてきます これからも、ワクワク勉強会、地道に続けていきますね!(^o^)

    スタッフ紹介・研修
  8. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★「3つのクリーン・ランゲージの問い」を使ってビジネスをぐっと掴む!セミナーにも店長さんたち参加です!★☆ この前、日本に2人しかいないクリーンランゲージの公認トレーナーのおひとりである松田依子先生に、たこ梅においでいただいて、スタッフさん向けに、普段使えるクリーンランゲージのセミナーを開催いただきました 社内セミナーでは、12名のスタッフさんに受講いただきましたが、その受講者の中の店長クラスの方々には、もう1日、松田依子先生のクリーンランゲージのオープンセミナーにも行ってきてもらいました こちらも、クリーンランゲージを実践で使うことを目的とした~「3つのクリーン・ランゲージの問い」を使ってビジネスをぐっと掴む!〜というセミナーです ホンマ、わずかなクリーンな問いを使うだけで、営業活動という行為がこんなに変わるとは、、、 お客さまにとっての満足感というか充実感が、まったく違うんです すごく刺激的でした!! 繰り返しクリーンランゲージを学ぶことで、より具体的に現場で使うイメージができたようです ・面談で使う! ・フィードバックに使います ・普段の会話の中に、混ぜてみようと思います など、どんなときに使いたいかと尋ねると、実際に使う場面を想定して教えてくれていましたから!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  9. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★簡単にできる頭に入る本の読み方!★☆ 自分の前提や枠組みで相手の考えを狭めることなく、相手の自由な考えや発想を取り出すクリーンランゲージというテクノロジーがあります それも、12個ほどの質問を使うだけ、、、 さらにいうと、3,4つの質問で、実際は、質問のうちの80%以上カバーできてしまいます 3,4つの質問だし、これを普段の仕事でつかったらどんなことが起きるのか? それで、日本に2人しかいないクリーンランゲージの認定トレーナーのうちのお一人である 松田依子先生に、たこ梅においでいただいて、スタッフさん向けに、普段使って効果が上がるクリーンランゲージの講座をやっていただきました!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  10. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★スタッフさんが、オンラインでの連続8回NVC基礎講座を受講です★☆ 起きた出来事をきちんと受け取って向き合うためには、まず、自分がその出来事をどのように捉えているのかを「自己理解」することが必須であると、われわれは考えています 本当に大事なモノから考え行動できるためのテクノロジーとして、NVCを活用することに決めて取り組んでいます これまで、本店の和田店長、松本さん、北店の安藤店長、島田さん、前保さん、分店の上原さん、北川さん、東店の多比羅店長、大西さん、事務所の藤原さん、和本師匠、そして、私の12名がオンラインの基礎コースを受講しました 11月からスタートの連続8回コースでは、北店の深澤さん、分店の金田さんが受講してくれます この前、1回目が開催され無事というか、楽しく終了したようです (^o^) 講座のテキストはあるのですが、参考図書として基礎講座を受講される方には「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)を差し上げています もちろん、金田さん、深澤さんにもプレゼント!! あと7回、NVCのオンライン基礎講座を受ける中で、どのような変化が二人に現れるのかな? 楽しみにしています!!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  11. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★スタッフさんのオンラインNVC基礎講座が今日からスタートです!★☆ 昨年から、たこ梅のスタッフさんは、NVC(Non Violent Communication / 非暴力的コミュニケーション)の研修を受講いただいています というのも、NVCって、解釈ではなく事実を見つめ、そのとき、自分にどんな感情がわき起こっているのかを探求します そして、そこには、どんなNeedsとよばれる自分にとって本当に大切なものがあるのかを発掘、そして、そこに立った時、どうしていきたいのか、、、を考えて行くというプロセスを経ます ※このあたりは、私の理解なので、正確には、書籍や講座で学んで下さいね まず、NVCの基礎をオンラインの講座で学んでいただいています 今回は、新梅田食道街 たこ梅北店の深澤さんと分店の金田さんが、8回連続講座を受講です それで、そのテキストやパソコンの設定をやってました オンライン講座は、ZOOMで行われるので、、、 そして、毎回、NVC基礎講座を受講される方に「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)を差し上げているので、本の方も用意万端です!! 金田さん、深澤さん、楽しくがんばってねーーーーーー!!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  12. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★新しいお客さまイベントの打ち合わせ(らしい)です★☆ この前、ホールのパートスタッフさんの人事評価者会議でした たこ梅では、スタッフさんの成長を目的として、7年前から、スタッフさんが自分たちで取り組んで来た人事制度があります 最初は、正社員さんだけでしたが、いまでは、ホールのパートスタッフさんの人事評価制度もできました ちなみに、今年の10月からは、お店の仕込みパートさんなんかの人事評価制度も、正式に運用開始されています さて、先週、そのホールのパートスタッフさんの人事評価者会議だんったですが、、、 それが終わったのに、評価者会議のメンバーさんが、残って何か始めました??? 顧客の旅デザインマップを取り出し、なにやら、タイムテーブルらしいものもつくっています ワクワク系マーケティングの必須ツール「顧客の旅デザインマップ」が出ているってことは、お客さまへの取り組み?なんておもいながら、わたし、よしてもうてない(←仲間にいれてもらってない)ので、なんとなくのぞいてました なんか、どうやら、全店合同で取り組むお客さまイベントの打ち合わせらしい それも、昨日のブログに書いた毎年やってる「酒蔵見学」とは別物のようです 今回は、ちょっと話も聞いたのですが、今月の下旬頃には、その姿をお店で表すようです 私が見せてもらった感じでは、自分がお客さんでも、楽しめそうな内容です あと3週間くらいまってててねぇ~!! 始まったら、また、こちらのブログでも紹介しますからーーーーー!!

    スタッフ紹介・研修
  13. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★ワクワク系マーケティング実践講座2018第4講に、スタッフさんと行ってきました!★☆ うちのスタッフさんが通ってくれている講座のひとつに、ワクワク系マーケティング実践講座2018があります これ、全5回の連続講座で、毎回、新横浜で開催されるため、そのたんびにスタッフさんは新横浜まで通ってくれています そして、その4回目でした! この第3講も、実践発表のため、上原さん、8月から急遽準備し実践して、この日、しっかりと発表してくれました! ありがとーーーーー、上原さん!! 安藤店長も、もちろん、実践発表して、一緒に学ぶメンバーさんから、たくさんのフィードバック、アイデアなんかをもらってました また、その発表のたびに、発表をきいて気づいたことなどをテーブルごとにメンバーでディスカッションです こうすることで、創発が生まれるんですよね! ビールやお弁当、片手に、リラックスムードで、この日の気づき、学びのシェアとふりかえりです! もちろん、講座の中での学びも多いのですが、3人で話しているとそこから関連して、実際に店で取り組んでいることに転用したり応用したりしながら、どうやっていける?という意見が、どんどん出るんですよね まさに、戦略と現場の実践計画が同時に創られているというか、現場で戦略が創出されている感覚です! これらを持ち帰って、さっそく、各店で実践していきます

    スタッフ紹介・研修
  14. スタッフみんなでBBQに行きました!

    スタッフ紹介・研修
  15. (掲載終了しました)
    馬肉バル 馬ールPERO 梅田お初天神店

    2018.5.13に実行予定イベント!!!第4回PEROコン!

    スタッフ紹介・研修
  16. (掲載終了しました)
    神仙閣大阪店 / 老房大阪店

    当社では毎年1回ではありますが、社員全員で研修を兼ねたツアーを行っております。 昨年は9月に滋賀県の方へ「近江牛と松茸の暴れ食い」(食べ放題)や陶芸体験を企画し総勢約80名のツアーを行いました。 今年以降もこのような企画を行っていきます。当社が運営する店舗数は7店舗有り、他の店舗との交流行うという趣旨も 含まれた企画となっております。

    スタッフ紹介・研修
  17. (掲載終了しました)
    THE GARDEN ORIENTAL OSAKA

    TGOO桜祭り2018が間もなく始まります。 期間中は、特別メニューのデザートや、テイクアウトできるフードメニューが充実。 メンバー一人ひとりが考えて、試行錯誤して、生まれたお料理たちです。 ひとつのアイデアがカタチになるこの場所に、あなたも加わりませんか?♪

    スタッフ紹介・研修
  18. 今年の研修はロンドンでの食べ歩きでした。 目的のレストランに行った後は各自自由行動でスペインに行ったりイタリアに行ったりと 良い経験になりました。

    スタッフ紹介・研修
  19. (掲載終了しました)
    石窯ピッツァ&地場野菜料理 アルナッジョ

    弊社ではサラミフィノッキオーナや加熱ハム(モルタデッラなど)、カポコッロのような生ハムにチャレンジしています。 来週には京都のシャルキトリー「リンデンバウム」さん主催のサラミ勉強会をする予定です。 経験を深めたり新しい事にチャレンジする環境を今後も作っていきたいと思います。

    スタッフ紹介・研修
  20. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★現場会議をすべてのスタッフさんに解放します!その1★☆ もし、会議が、こんなだったら、、、 「いろんな人が参加すればするほど、知恵が集まって、とんでもないスゴイことが起こるようになるんじゃないか?」 「実際に、いろんなスタッフさんに会議を知ってもらうことで、参加することで、自分が決めてる!関わってる!感覚が持てて、仕事の意味が変わるんじゃないだろうか?」 って、思ったんです それで、現場会議の議題として、「希望するパートスタッフさんには会議を見学してもらったらどうだろう?」というのを提案しました そして、初めに、私が提案した意図を話すことになって、意図とともに、そのための私の考える前提を話しました <意図> ・全スタッフさんに、会議への関心を持ってもらって、どうやって、何を、何のために決めているのかを知って欲しい ・いろんな人が来たら、いろんな意見がたくさん出て、いろんな視点でより広く検討されて内容が深まるから <前提> ・会議の見学者・参加者は、「会議のルール」(人の発言は遮らないなど)を知っていること どんな、反応が来るのかなぁ、、、 面白いとおもってくれるんじゃないか?という期待と、誰彼と会議に入れたら無茶苦茶になるんちゃうん!って言われるかも、、、っていう不安が入り交じっていました

    スタッフ紹介・研修
次の 20 件を見る ▼