オープニングスタッフ募集を中心とした飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト「求人@飲食店.COM」 [更新:8月22日 16:05]

  1. トップ
  2. お店からの投稿

スタッフ紹介・研修に関するお店からの投稿

求人@飲食店.COMに掲載中の店舗が、スタッフ紹介・研修に関するリアルタイム情報をメッセージと写真で投稿しています。
  1. 2018.5.13に実行予定イベント!!!第4回PEROコン!

    スタッフ紹介・研修
  2. (掲載終了しました)
    神仙閣大阪店 / 老房大阪店

    当社では毎年1回ではありますが、社員全員で研修を兼ねたツアーを行っております。 昨年は9月に滋賀県の方へ「近江牛と松茸の暴れ食い」(食べ放題)や陶芸体験を企画し総勢約80名のツアーを行いました。 今年以降もこのような企画を行っていきます。当社が運営する店舗数は7店舗有り、他の店舗との交流行うという趣旨も 含まれた企画となっております。

    スタッフ紹介・研修
  3. (掲載終了しました)
    THE GARDEN ORIENTAL OSAKA

    TGOO桜祭り2018が間もなく始まります。 期間中は、特別メニューのデザートや、テイクアウトできるフードメニューが充実。 メンバー一人ひとりが考えて、試行錯誤して、生まれたお料理たちです。 ひとつのアイデアがカタチになるこの場所に、あなたも加わりませんか?♪

    スタッフ紹介・研修
  4. 今年の研修はロンドンでの食べ歩きでした。 目的のレストランに行った後は各自自由行動でスペインに行ったりイタリアに行ったりと 良い経験になりました。

    スタッフ紹介・研修
  5. (掲載終了しました)
    石窯ピッツァ&地場野菜料理 アルナッジョ

    弊社ではサラミフィノッキオーナや加熱ハム(モルタデッラなど)、カポコッロのような生ハムにチャレンジしています。 来週には京都のシャルキトリー「リンデンバウム」さん主催のサラミ勉強会をする予定です。 経験を深めたり新しい事にチャレンジする環境を今後も作っていきたいと思います。

    スタッフ紹介・研修
  6. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★現場会議をすべてのスタッフさんに解放します!その1★☆ もし、会議が、こんなだったら、、、 「いろんな人が参加すればするほど、知恵が集まって、とんでもないスゴイことが起こるようになるんじゃないか?」 「実際に、いろんなスタッフさんに会議を知ってもらうことで、参加することで、自分が決めてる!関わってる!感覚が持てて、仕事の意味が変わるんじゃないだろうか?」 って、思ったんです それで、現場会議の議題として、「希望するパートスタッフさんには会議を見学してもらったらどうだろう?」というのを提案しました そして、初めに、私が提案した意図を話すことになって、意図とともに、そのための私の考える前提を話しました <意図> ・全スタッフさんに、会議への関心を持ってもらって、どうやって、何を、何のために決めているのかを知って欲しい ・いろんな人が来たら、いろんな意見がたくさん出て、いろんな視点でより広く検討されて内容が深まるから <前提> ・会議の見学者・参加者は、「会議のルール」(人の発言は遮らないなど)を知っていること どんな、反応が来るのかなぁ、、、 面白いとおもってくれるんじゃないか?という期待と、誰彼と会議に入れたら無茶苦茶になるんちゃうん!って言われるかも、、、っていう不安が入り交じっていました

    スタッフ紹介・研修
  7. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★現場会議をすべてのスタッフさんに解放します!その2★☆ で、どうだったか、、、 「いいと思う!」「是非、参加して欲しい(ムリはして欲しくないけど)」などの意見がでました 中には、「いやーー、正直、毎回、会議の内容を説明してますけど、ホンマにちゃんと伝わったか心配もあったんで、こうやったら、今よりも会議の内容がより伝わるようになると思う(ありがたいわぁ~)」っていう前向きなのか、正直なのかわからない意見も、、、^^;;; とはいえ、会議のやり方を全く知らない(会議メンバーさんは、全員、会議に参加する前に会議ファシリテーション研修を受講しています)人が参加したら、悪気なく、会議が中断されたり、あっちこっち行ったりする懸念もあります 確かにその懸念があるので、これについて、率直に意見を出しあった結果、、、 公式会議メンバー以外で、初めて、会議を見学や参加するスタッフさん(主にパートさん)は、初回のみ会議15分前に来て、会議の心得とルールの簡単なレクチャーを受ける!ってことで解決出来そうだとわかりました また、会議は、通常11:00~15:00までですが、特に、パートスタッフさんの場合、4時間ずっといることは難しいことも、、、 とはいえ、会議の途中にやって来て参加されると、話が途切れる、流れが悪くなる懸念があります それで、会議は、最初から参加・見学すること!ただし、途中で帰るのはOK(そのときも、帰ります、、、って挨拶することなく、スーッと静かに退出し帰ること、、、)なども話し合われました

    スタッフ紹介・研修
  8. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★現場会議をすべてのスタッフさんに解放します!その3★☆ まぁ、やってみないとわからないので、3月の現場会議から、たこ梅のスタッフさん(パートスタッフさんも含め、現在、50名くらいです)であれば、会議ファシリテーション研修済みの正式な会議メンバーでなくても、気が向いたら、いつでも、見学も参加もできます ついでに、交通費と一緒に食べるお昼ご飯は会社で負担することにしました! 【現場会議はスタッフさん全員に開放です!】 ・とりあえず見るだけ(見学)だけでもOK、もちろん参加も大歓迎! ・会議にはスタートからの見学・参加が必須だけど、途中退場は自由(静かに帰ってね) ・みんなで一緒に食べてるお昼ご飯と交通費は会社が負担しまーす ・初めて見学や参加するときは会議15分前に来て、簡単な会議ルールのレクチャー受けてね あと、定例会議は店長会議もあるのですが、まずは、現場会議の方を全スタッフさんに解放して、具合の悪いとこあったら修正して、より全スタッフさんの意見が反映され、自分の仕事や仕事でやってることの意味がわかるようになっていってもらえたら、、、って思ってます さぁ、何か、嬉しいし、今日も、楽しくがんばりまーーーーーーーーす!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  9. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★会議のチェックインにクリーンランゲージの「クリーンセットアップ」が登場!★☆ 先日の2月の現場会議で、会議のチェックインにいつもの「グッド&ニュー」にかえてクリーンランゲージの「クリーンセットアップ」にチャレンジ!! 【会議でのクリーンセットアップ】 ①この会議が、あなたにとって、本当に思い通りにいくとき、それは、何のようでしょう? ②(応答A)のとき、あなたは、何のようでしょう? ③(応答A)と(応答B)であるために、あなたが必要とするサポートや資源(リソース)は、なんでしょう? この①②は、会議がどうであってほしいか?そのときの自分は何であるのか?をメタファー(比喩/平たく言うとイメージ)で自分から取り出す作業となります そして、③で、そのメタファーから、サポートや資源(リソース)に変換して会議・現実で取り扱える具体的なものとして取り扱えるようにします 今回は、初めてなので、あのクリーンセットアップついて、意図・やり方を説明してから、2人のペアになってこれをやってみます そして、③で出てきた必要とするサポートや資源(リソース)をメンバーで共有しました 各々のメンバーから出てきた必要とするサポートや資源(リソース)は、 ・的確なフリ ・進行がヘンな回しをしない(スムーズな流れを希望) ・意見はたくさんほしいが、その意見をまとめる手伝いがほしい ・最後に笑いがあるように。終わりよければすべてよし的な、、、 で、実際にクリーンセットアップを体験してみてどうだったか、、、 メンバーさんからは、自然と「これ、おもしろーい!」「深いっすねぇ」っていう声がもれてました そして、このクリーンセットアップ、15分くらいのつもりだったんですが、盛り上がりすぎて30分以上やってました、、、 でもまぁ、会議メンバーさんも楽しそうだったのでいいか、、、(^o^) ところで、正直、こういうのってどうなのかな?という思いもありましたが、やっぱり、やってみてよかった! やってみて、上手くいかなかったら、やめてもいいし、変えてもいいんですもんね さて、このクリーンセットアップ、しばらくやってみようと思います!!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  10. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★ランチェスター戦略をベースとした半年にわたる「あきない実践道場」を松本さん、見事に卒業です!★☆ 2017年8月から、ランチェスター戦略をベースとした「あきない実践道場」に、道頓堀にある たこ梅 本店の松本さんが通ってくれました この「あきない実践道場」には、たこ梅の先輩社員も10名以上通っています 松本さんの所属する たこ梅本店の和田店長、安藤さんも、あきない実践道場の卒業生です 全8講のうち第7講までは、2週間ごとに前回学んだことを現場で実践して、報告し、講師の先生や一緒に学ぶメンバーからフィードバックをうけるということを繰り返し、学びを深め、実践力を高めていきます 最終講義は、第7講から3ヶ月後で、その間、自分でテーマをみつけて現場で取り組み、それを最終講の第8講で卒業発表します そして、昨日、2018年2月8日が、その卒業発表の日でした!! 松本さんは、卒業発表の中で、たこ梅をもっと発展させたい!お客さまにもっと喜んでもらって選ばれる店にしていきたい!という気持ちを語ってくれていました それにしても、半年間、毎日、たこ梅での仕事がある中で通い、学び、実践し続けるのは、並大抵の努力ではありません 本当に、卒業までやりきってくれた松本さんのバイタリティーには、頭が下がります そして、無事に、、、 松本さん、「あきない実践道場 大阪21期」を卒業です!! 卒業、、、といっても終わりではなく、これからが、学んだことをお店で、お客さまのため、スタッフさんのために生かしていく始まりです!! とはいえ、、、 まっちゃん!!卒業、おめでとうございます!!これからも一緒にがんばってね!よろしく、お願いします!!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  11. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★「お客さまを呼ぶ!スゴい仕掛け」のお客さまの『不』を解消する取り組み、スタッフさんが実践中!!★☆ 昨日、購入したランチェスター戦略をベースとする佐藤元相先生の「お客さまを呼ぶ!スゴい仕掛け」 ページを開いていると、見慣れたシートが載っています それは、お客さまが、不満、不快、不自由、不便、、、など『不』を感じられるのを見つけとき、スタッフさんが書き留めて共有するためのシートです このお客さまの『不』をスタッフさんが共有し、改善に取り組むシートというか仕組み作りなのですが、研修をうけてから、たこ梅のスタッフさんも、各店で取り組んでいます 初めは、「これは、いいことだ!」と思ってもなかなか続かなかったのですが、スタッフさんが、定例会議の中で、議題として採り上げてくれました そして、各店が月3回(10日、20日、月末)、売上は「お客さまに選ばれている度合い」を表す指標であるという視点で、前年と比べて、何が起こっているのか?どういう取り組みをすればいいか?をフェイスブックグループで報告する仕組みがあるのですが、そこで、一緒に、お客さまの「不」についての取り組みをアップすることになりました こんな感じで、「たこ梅 スタッフ グループ」というフェイスブックグループでアップしてくれています 「お客さまを呼ぶ!スゴい仕掛け」(佐藤元相 著)は、現場のスタッフさんが、お客さま創りにとっての本質的で、かつ、身近に取り組める!様々な仕掛けや仕組みを実例を紹介しながらわかりやすく書かれています 今回、たこ梅文庫(スタッフさんへの貸出用の図書が並んでいる書架)に、この「お客さまを呼ぶ!スゴい仕掛け」(佐藤元相 著)が加わることで、たこ梅のスタッフさんの実践的な取り組みのレパートリーが、もっともっと、広がっていくのではないか!と思います まずは、うちのスタッフさんに、この本を紹介しないとね!! 、、、ちなみに、今日は、現場の若手スタッフさん中心の現場会議なので、そこで紹介しちゃいますよーーーーー!!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  12. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★「お客さまを呼ぶ!スゴい仕掛け」(佐藤元相 著)が、たこ梅文庫の書架に追加されました!!★☆ 2012年から、毎年、2~4人の社員さんが、半年ほど通う研修にいっていて、もう、10人以上になります それは、ランチェスター戦略をベースとした佐藤元相先生の「あきない実践道場」という実践的な研修です 2週間ごとに7回の講習と、講習ごとに次回までに学んだことを現場(職場・会社)で実践して報告しフィードバックを受けます そして、さらに数ヶ月おいて、自分でテーマを決めて実践して発表するという超実践的な研修なんです この「あきない実践道場」を主宰されている佐藤元相先生が、新刊「お客さまを呼ぶ!スゴい仕掛け」を上梓されました 昨日、ジュンク堂書店に行くと、しっかり書棚に並んでましたよ!! もちろん、そのまま手にとってレジへ!! さっそく、事務所のたこ梅のスタッフさんへの貸出をしている「たこ梅文庫」の書架に並べましたよ!

    スタッフ紹介・研修
  13. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★大人の遠足「酒蔵見学2018」は3月10日!★☆ この数年、夏は吹田のアサヒビール工場に、冬は西宮の白鹿さん(白鹿はブランド名で酒蔵としては「辰馬本家酒造」が正式です)の酒蔵に、たこ梅FUN倶楽部の部員さん(←お客さま)と一緒に見学に、大人の遠足!と称して行ってます 今年の酒蔵見学は、2018年3月11日(土)に、西宮にある白鹿さんへ行きますが、もちろん、普通に見学するだけじゃありません 今回のテーマは、「ホンマに旨い『酒』をくらべ隊」です 「何するの?」(いや、何ささせられるの?か、、、^^;;;)って思いますよね 内容は、、、まだ、ナイショ! 「言わないで下さい!!」って企画スタッフさんから口止めされてますが、ちょこっとだけ、、、 例えば、お酒の飲み比べをします でも、普通、絶対出来ない飲み比べ、、、 私も、今回企画している飲み比べなんて、聞いたこともない、、、 ちなみに、白鹿さんもやったことないそうです まだ、数名程度ですが、募集枠に余裕があるので、興味が湧いたら応募してね!!

    スタッフ紹介・研修
  14. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★オンライン学習用にSSD480GB メモリ8GBのノートPCのノートPCを1台追加です!★☆ いま、たこ梅では、NVC(Non Violent Communication / 非暴力的コミュニケーション)をスタッフさんが、順次、オンラインで学んでいます たこ梅の事務所でノートPCを開いてオンライン学習をやってるんですが、どうも、調子の悪いときがあります WiFiが悪いのかノートPCが悪いのか、、、はたまた、別の要因なのか、、、 イマイチわかりませんが、1台はLANケーブルで直結してみました そうしたら、問題は無くなった、、、 ということで、もう1台も、、、と思ったのですが、本体の調子が悪い可能性もでてきました 次回のオンライン講座まで時間も無いので、不安定な状況で受講してもらうのも、受講されるスタッフさんにストレスだとおもって、1台ノートPCを追加することに!! お店でも各店舗に1台ずつ仕事用にノートPCがあります その予備機にもなるので、同じノートPCを購入です SSD480GB メモリ8GBのノートPCなので、ウェブに繋いでオンライン学習に使うだけでは完全にオーバースペックですが、お店の予備機でもあるので、こうなりました! こちらのノートPCは、LANソケットもあるので、LANケーブルを直結できます それで、2台とも、LANケーブルで直結しました これで、WiFi以上に安定して使用できると思います 次回は、明後日の火曜日!! ちゃんと、安定した状態でNVCの基礎オンライン講座を受講できるといいな、、、 その日も、私は、メンテナンス要員としてサポート業務に励みます!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  15. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★鳥取からの新人さんの研修スタート!初日は仕込み場と本店です★☆ 鳥取からやってきた新人さん、たこ梅のワンルーム社員寮に入っていますが、いよいよ、研修がスタートしました これまでは、どこかの店舗で、研修担当者がついて、研修項目表に基づき、2ヶ月前後の研修をしていました たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)のタネは、ほとんど、特注で業者さんにつくってもらってるか、たこ梅全体の仕込み場があって、そこで、仕込み&製造しています それを日々、お店に届けて、お店での仕込みをしていく、、、というスタイルなのです お店で仕込みをしているだけだと、どんな風に、このタネが造られているのか、どんな思いで仕込み場のスタッフさんが造ってくれているのか、、、が、なかなか、わかりにくい それで、仕込み場で2,3日でも、一緒に仕込みに携わってもらって、その思いや実際の仕込みの現場を体験してもらうことにしました って、私がそうしよう!と思ったんじゃなくて、お店のスタッフさんが、会議の時に、よりお店のことをわかってもらうために提案してくれたんです それで、仕込み場から研修が始まりました 仕込み場の仕事は早朝から午前中がメインです 楽しそうに仕事をしてくれていました その後は、本店で、午前中に造ったタネをお店でどう仕込むのかを場所を移動して研修です! 仕込み場研修のあとは、いよいよ、お店での本格的な研修が始まります! がんばってねぇーーーーーーー!!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  16. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★ストームグラス「テンポドロップ」が、ホワイト企業大賞特別賞「学習する組織経営賞」の副賞でやってきました!★☆ 1月21日、第4回ホワイト企業大賞の発表があり、たこ梅は、そこで特別賞「学習する組織経営賞」をいただきました で、そのホワイト企業大賞特別賞「学習する組織経営賞」で、表彰状と一緒に副賞としてストームグラス「テンポドロップ」なるものをいただいたんです テンポドロップ? 私も初めて聞く名前だし、初めて目にするものです なんでも、19世紀のヨーロッパで使われた天気予報の道具で、化学物質(結晶)を化学薬液溶かしてガラス管に詰めたもので、溶液や沈殿の状態によって近未来の天気が分かるとされるものだそうです 昔の気象予測、天候予測の装置のようです このテンポドロップが副賞となっているのは、ホワイト企業大賞の委員長である天外伺朗さんのメッセージが込められているのだと思います それは、選出された企業や組織が、ホワイトではなく、グレー、ブラックなんかに行きかけたとき、ストームグラス「テンポドロップ」の結晶の様子が、「嵐の時の様相を表すかもね!普段からテンポドロップを眺めることで、意識して、ホワイト企業の道を進んで下さい」と、、、 一種の戒めと応援の気持ちなんだろうと思います われわれも、いただいたストームグラス「テンポドロップ」を眺めながら、学習する組織への道を進んでいこうと思います! ってことで、今日も、がんばりまーーーーーーーーす!!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  17. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★「脱人材不足!自発的な人財を集める採用術」セミナーにスタッフさんと行ってきました!★☆ たこ梅も、この数ヶ月、ちょっと人手不足気味、、、 スタッフさんが、お客さま創りにもっと集中できる環境にしていきたい! そんな思いがあって、スタッフさんと一緒に3人で「脱人材不足!自発的な人財を集める採用術」セミナーに参加してきました このセミナー、教えてもらう!のではなく、まず、やってみる!というワーク、ワーク、ワーク、、、そして、そこから学んでいく、、、という形式です 特定の求職者さんに響く可能性の高いユニークな求人広告を一緒に参加した安藤さん、多比羅さん、そして、私も、プロトタイプまで完成! 実際にお店や求人広告で使って検証しながら修正する!を繰り返して、たこ梅が成したいことに共感し、一緒に取り組んでくれる方と出会えるようにがんばります!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  18. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★ホワイト企業大賞の特別賞「学習する組織経営賞」をいただきました!★☆ 昨日、第4回ホワイト企業大賞の発表会があり、東店の多比羅さんと行ってきました 特別賞をいただきました!! 特別賞には、受賞企業ごとに、選定理由にちなんだ賞名がつけられます たこ梅がいただいた特別賞は、「学習する組織経営賞」です 平成20年のリーマンショック後、売上が下がり続け、これではダメだ!どうしたらいいんだ!!ともがくなかで出会ったピーター・センゲの「学習する組織」という考え方に出会い、平成22年4月に「学習する組織にする!」と決めて、8年近くがたちました そして、今回、「学習する組織経営賞」という特別賞をいただいて、すごく嬉しいのと同時に、私にからは、到底、「学習する組織」になっているようには見えていなくて、「学習する組織経営」という名称は、あまりに大それた身分不相応の感じがして、お尻がこそばいような「こんな(名称のついた特別賞)のもらっていいの?」という気持ちが入り混じっています こういう賞をいただいたのは、ホワイト企業大賞選考委員の皆さんが、なにかしら、たこ梅に学習する組織の一端でも感じられる、あるいは、そこを目指して突き進んでいって下さい!という応援の気持ちを込めてこの賞を贈って下さったのであろうと思い、これからも、たこ梅のスタッフさんと一緒に学習する組織の道を進んでいきたいと思います

    スタッフ紹介・研修
  19. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★「高野登のホスピタリティってなんだろう?」Vol.7~9が届きました!★☆ 元リッツ・カールトン日本支社長の高野登さんが、毎週火曜日にSBC信越放送で「高野登のホスピタリティってなんだろう?」1回約3分間のラジオ番組をされています 毎回、ホスピタリティにまつわる話をさまざまなテーマでコンパクトにされます 数年前に、この放送がある程度まとまるとCDとして発売になることを知りました その時は、3巻か4巻まで発売になっていて、速攻、注文して購入! 何度も聞いていました その後、5巻、6巻と発売になる度に購入しては聞いています もちろん、たこ梅文庫にも収蔵して、スタッフさんへの貸出対象となっています それから数年たって、先日、ふと「何巻まででてるのかなぁ?」ってネットで調べたら、9巻まで発売になってました それで、スグに注文をしたら、高野登のホスピタリティってなんだろう?6~9巻が、今週、届きました!! これで、しばらく、ホスピタリティに関する楽しい話を聞くことが出来ます この2枚のCDも、もちろん、たこ梅文庫の書架に並べますよ!!(^o^)v

    スタッフ紹介・研修
  20. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★スタッフさんと、2018年、最初の行動探求(Action Inquiry)です!★☆ この日、早速、4人のスタッフさんとコーチングです トップバッターは、新梅田食道街 たこ梅 分店の森口さん お正月の家族での出来事をテーマに持ってきてくれました そう、テーマは仕事に限らず、何でもOKです 目的は、そのスタッフさんが、行動を探求し、自身の成長につながることですから、、、 行動探求(Action Inquiry)では、上手く行かなかった相手との会話を書き出します そして、難しい会話のマトリックスというシートに埋めていく中で、自分の無意識の前提やメンタルモデルを明らかにし、そこから、どんな新しい枠組みにたって取り組めば望ましい結果に迎えるかを考えて行きます 今では、これをスタッフさん同士でやって、その出来上がったシートを私とのコーチング時間にもってきます そして、ブラッシュアップしていく、、、そんな風に進化してきました これからも、行動探求(Action Inquiry)を続けていく中で、スタッフさんの成長をサポートしていこう!と思います

    スタッフ紹介・研修
次の 20 件を見る ▼