オープニングスタッフ募集を中心とした飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト「求人@飲食店.COM」 [更新:5月19日 20:26]

  1. トップ
  2. お店からの投稿

メニュー・イチオシ食材に関するお店からの投稿

求人@飲食店.COMに掲載中の店舗が、メニュー・イチオシ食材に関するリアルタイム情報をメッセージと写真で投稿しています。
  1. (掲載終了しました)
    パティスリー ピック・ヴィット上沢店

    ☆母の日限定ケーキ☆ 生デコレーションケーキ

    メニュー・イチオシ食材
  2. (掲載終了しました)
    パティスリー ピック・ヴィット上沢店

    ☆母の日限定ケーキ☆ プチガトー

    メニュー・イチオシ食材
  3. (掲載終了しました)
    パティスリー ピック・ヴィット上沢店

    ☆こどもの日限定☆ 生デコレーションケーキ

    メニュー・イチオシ食材
  4. (掲載終了しました)
    パティスリー ピック・ヴィット上沢店

    ☆こどもの日限定☆ こいのぼりのプチロール

    メニュー・イチオシ食材
  5. (掲載終了しました)
    MINOH RIS CAFE

    【リスカフェ(*^-^*)】 大阪でも数少ないリスカフェのワッフルパフェ! オリジナルメニューがたくさんあるので、スイーツの勉強も出来ちゃいます(^^♪

    メニュー・イチオシ食材
  6. 一品のお料理の前にお客様にお召し上がりいただきたい一品「泡と遊びごころ」です。 スパークリングワイン・シャンパンと一種にお楽しみいただく、フィンガーフード中心の4種盛りです。 一品づつシェフが丁寧に作り上げた4種のミニ前菜と、泡がこれから始まるお食事への期待を膨らませてくれます。

    メニュー・イチオシ食材
  7. (掲載終了しました)
    Le BENKEI

    クリスマスディナーではイタリア産の白トリュフや、フランスの黒トリュフをテーブルでお好きなだけ削ってお楽しみいだきました。メインダイニングいっぱいに広がるトリュフの香り。

    メニュー・イチオシ食材
  8. (掲載終了しました)
    熊猫軒

    熊猫弁当🍱 先日、お弁当のご注文を承りました。 お食事下さったお客様が、一日中元気で、そして笑顔でいられますように🙏 そんな想いを込めて、お作りさせて頂きました🙇

    メニュー・イチオシ食材
  9. (掲載終了しました)
    熊猫軒

    【 I LOVE あえそば 】 私はあえそばを、それはもう心から愛しています。 今回は私の一番大好きな、あえそばのお話をさせて頂きます。 【 あえそば 】とは、まぜそば・油そば・汁なしラーメンの一種で、お汁(スープ)の無い、麺料理の事を言います。 各店・地域で呼び名は違いますが、関東では油そば、関西はまぜそばと呼ばれているお店が多いようです。 熊猫軒のあえそばは、もっちり中太麺に、ゴリゴリに炙った焼豚と穂先メンマと、太もやし・白ネギ・空芯菜・のり・白ごまで盛り付けております。その食材の下には魚介ベースのタレと、特製ブレンド油が隠されております。まったく、辛みのないお料理です。 熱々の器に入った、あえそばが到着しましたら、しっかり和えて食す!ただこれだけの、お料理なのです。ただこのあえそばは中毒性が違います(笑) たまに、無性に食べたくなってきます。 熊猫軒リピート率ランキングでは、1位が麻婆豆腐、次いで2位が四川担々麺、3位がこのあえそばです。 麻婆豆腐や担々麺は、毎日食べられません。ただ、このあえそばは毎日食べることが出来るのです(※注意 私だけかもしれません) 試作をする際、6日連続で食べましたが、嫌になりませんでした。 なにか、お味噌汁や、玉かけごはんといったような、どこの家庭の食卓にある、いつでも毎日でも食べられる。おふくろさんの味といいましょうか。。食べ終わった後に、なぜかほっこり来る日本食といっても過言ではありません。 美味しくて、毎日食べられて、すごくお腹いっぱいになる、私が一番大好きな、あえそばのお話でした* 熊猫軒料理人 楠木 啓二郎

    メニュー・イチオシ食材
  10. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★毎年も1ヶ月たらずで売切れ!「鯨ハリハリ袋」の関東煮(かんとだき/おでん)始めました!★☆ たこ梅の「さえずり®」も「コロ(別名:いりがら)」も、普段、お店でおだししているものは四角いキレイな形をしてます これ、もともとは、大きな塊で、別に四角いわけじゃありません きれいに切って、形を整えてから串に刺しているからです そのため、どうしても、切った「はじっこ」が出てしまいます さえずり®のはじっこ、コロのはじっこがでます はじっこ、、、といっても、味は、まったく同じ!! もちろん、美味しい!! はじっこなので、店ではだしてなかったのですが、美味しい 「これ、なんとかならんかなぁ?」って考えて生まれたのが「鯨ハリハリ袋」です お揚げさんに、さえずり®、コロの端っこを刻んだものとシャキシャキの水菜(みずな)を詰め込む そして、これを関東煮鍋で、グツグツ煮る! これが、「鯨ハリハリ袋」の関東煮(かんとだき/おでん)です これが、また、とにかく旨い!! 毎年、スグに売り切れるのを見てもわかるでしょ(^o^) お店に来るなり、毎回、「ハリハリの袋!」って注文されるお客さまも多くいらっしゃる人気者になりました さえずり®、コロを切ったときにできる端っこをためておいて作るので、毎年、今の時期だけの限定の関東煮(かんとだき/おでん)となります まぁ、お酒、ビールによく合うので、飲み過ぎにはご注意下さいね!(笑)

    メニュー・イチオシ食材
  11. (掲載終了しました)
    pizzeria asse 吹田片山店

    薪釜で焼いた、もちもちピッツァが一番人気です! また、10月に施設が大きくなり、さらに賑わいをみせています!! http://www.suita-greenplace.com/

    メニュー・イチオシ食材
  12. (掲載終了しました)
    鉄板ステーキ淀屋

    当店では時期によって変わる、「幻の食材」を入荷しています。 8,9月は、北海道は利尻島から空輸で直送される「雲丹」。 現地の方でも中々食す機会がない、希少な食材です。

    メニュー・イチオシ食材
  13. (掲載終了しました)
    Tossa de coração 〜トッサ・ジ・クラッサン〜

    通にはたまらない土佐の地酒★ 大阪ではあまり見かけない地酒に出会える率高し! ワインも多数扱うので、お食事とのマッチングやお客様の好みをお伺いして おススメしたり、まわりから一目置かれるスキルが磨けますよ~

    メニュー・イチオシ食材
  14. (掲載終了しました)
    達屋 TAZ-YA

    無農薬野菜作りを月に一回お手伝いに行っています。 生産者さんと一緒に畑仕事をする事で、たくさんの知識を 得て、それをお客様にお届けできることを目指しています。 生産者の喜びをお客様に届けたい。 それが達屋の願いです。

    メニュー・イチオシ食材
  15. 「抹茶のデグリネゾン」 当店パティシエが手作りしている看板メニュー 通常、お菓子の材料に使用するには、勿体無いとされるグレードの抹茶を、ふんだんに使用した高級スイーツです

    メニュー・イチオシ食材
  16. (掲載終了しました)
    天満粉もん製作所

    当店一押しの「湯だねパン」です。

    メニュー・イチオシ食材
  17. (掲載終了しました)
    神戸イタリアン KIZUNA【キズナ】

    生簀からご用意するオマール海老や渡り蟹を用いて調理いたします。一からいろいろと学べます。

    メニュー・イチオシ食材
  18. (掲載終了しました)
    野菜とつぶつぶ アプサラカフェ 伊丹店

    エコなビジネスがテーマのお店なので地産地消を目指しています。車で5分のところにあるスマイル阪神という農協直販所でほとんどの野菜を仕入れます。地元の農家の方が直接納品する直販所で、本当に新鮮な野菜を仕入れることができます。その代わりスーパーのような品ぞろえはありませんから、お客様にバラエティーのあるメニューを提供するのはスタッフの知恵と腕の見せ所となります。写真はある日のスマイル阪神での仕入れです。

    メニュー・イチオシ食材
  19. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★冬は、たこ甘露煮をたくのに、時間がかかりがち!というのは、、、★☆ たこ梅の名物といえば、マダコを甘辛く、170年以上、継ぎだし継ぎ足しのダシでたきあげる「たこ甘露煮」があります ところで、たこ甘露煮は、スタッフさんと私が交代で毎日、1年363日くらいたいてます ただ、冬になるとたきあげるまでに、時間がかかりがちです というのも、まず、冬は来店されるお客さまが増えるので、当然、たこ甘露煮のご注文数も増えて、たかないといけないタコの数がふえるから! でも、もうひとつあるんですよね 時間がかかる原因が、、、 今日のブログの冒頭でも書いていますが、タコをたくダシは、たき終わったら漉して、また、翌日、そこに醤油なんかを足して味を調整しながら使い続けています これを170年以上、日々、繰り返しています で、今、冬ですよね! 冬になると気温が下がる 特に、1月入ってから、メッチャ寒い、、、というか冷たい そうすると、ステンレスのふたのある寸胴に入った、ダシが冷蔵庫に入ってるよりも冷たくなっています タコをたくためには、まず、ぐらぐらと沸騰させないといけません 実は、この沸騰するまでの時間がどうしても、夏や春、秋よりも余分にかかっちゃいます まぁ、しゃーないんですけどね それでも、この日も、きれいなマダコをかわいがりながら丁寧にたかせてもらいました たき上がったタコは、トロ箱なんかを引っかけて移動させる手鉤(てかぎ)で、一匹ずつ引き揚げていきます こうやって、たきあ上がった「たこ甘露煮」は、粗熱をとって冷ましてからお店に届けます そうそう、このタコですが、お店でたいてるんじゃなくて、関東煮(かんとだき/おでん)の自家製タネなどをつくっている仕込み場でたいています ちゃんと、「タコたき場」といわれる専用スペースがあって、そこでたいているのです それはさておき、この日も、やわらかーーーーーく、おいしーーーーーーく、タコちゃんたちをたき上げましたよ!(^o^)v

    メニュー・イチオシ食材
  20. (掲載終了しました)
    「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の店 たこ梅

    ☆★鯨の本皮から造られる「コロ(別名 炒り殻/いりがら)」を仕込んでいます!★☆ 大阪では、昔から親しまれてきた関東煮(かんとだき/おでん)に「コロ(別名 炒り殻/いりがら)」があります このコロって、もっちりとして、ぷりっ、、、なゼラチン質で、部分によっと寒ざらしのようなザラザラな部分とヌメッとしたようなぶぶんがあります これも、好みで、どちらの部分が好きか分かれます ちなみに、てっちゃんは、ザラザラな部分が好みです さて、今日は、このコロを仕込んでいます こんな風に、鯨の本皮を油ぬきしたものが、1枚1枚真空パックされて届きます むかしは、まとめて、がっさり!袋に入って届きました もちろん、真空パックなんてされてませんでした、、、 その当時は、コロって、安い庶民の味、、、でしたから でも、今は、商業捕鯨も禁止となり、原料も限られて、価格は高騰の一途という超高級食材になっちゃいました そのせいもあるんでしょうね 1枚ずつ、真空パックされるようになっています 真空パック、それも冷凍状態で届くので、これをまずは解凍します そして、串に刺せるかたちで、ひとつずつキレイに切りそろえてから串に刺す ここまでを仕込み場という仕込み専門のところでやってます それから、これを各店に送って、下だき、本だきして、仕上げていきます お客さまから「コロちょうだい!」って声がかかって、お皿に載っけてお出しするころには、ええかんじのアメ色になってます これがまた、お酒やビールと、よう合うんですよね!! さぁ、今日も、がんばって仕込みます!!(^o^)

    メニュー・イチオシ食材
次の 20 件を見る ▼