しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:Sat Dec 15 21:42:00 JST 2018]

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2018-11-20 16:39:20.0

「洗い場」は飲食店の影の立役者。仕事のやりがい、皿洗いのコツを伝授!

Photo by iStock.com/kali9
飲食店で“縁の下の力持ち”としてお店を支える「洗い場・皿洗い」スタッフ。洗い場はホールスタッフや調理スタッフよりも軽視されがちですが、実は飲食店にとってとても重要なポジションであることをご存知でしょうか。洗い場次第で料理の提供スピードが左右されますし、汚れた食器を出してしまっては、お客様に不潔なお店として認識され、リピートしてもらえなくなります。今回は、飲食店を支える洗い場の仕事内容や効率的な仕事術についてご紹介。「こんな方法があったのか」という気づきや、明日からの仕事のヒントが見つかるかも!

洗い場の仕事内容

ホールスタッフは、お客様が食べ終えた食器をどんどん下げ台に持ってくるので、そこを素早く片付けることが大切です。下げ台に食器がのらなくなるとホールスタッフが困ってしまいますし、だからと言ってお客様のテーブルにいつまでも空いた皿やグラスが残ったままになってしまうと、スムーズなおもてなしができません。

下げ台からシンクにどんどん食器を下げるのですが、この時、先にシンクにお湯を入れておきます。そこである程度つけ置きし、汚れを落とします。食洗機のある飲食店の場合、下げ終わったら食洗機にいれてスイッチオン。高温のお湯で洗い上げ、乾かしてくれます。

洗い終わったものは食器置きに一時的にため、ある程度の数になったら食器棚の所定の位置へ持っていきます。これが洗い場の仕事の一連の流れです。お店の設備によっては食洗機の数が違ったり、食器を溜める場所が違ったりするので、そこでのルールを覚えることが必要です。

すぐに役立つ洗い場仕事のコツ

Photo by iStock.com/Juanmonino

これから洗い場のバイトを始めようと思っている方のために、皿洗いのコツをご紹介します。まず、食器を食洗機に入れる前に下洗いをすることが大切。お湯につけこんだらこびりついている汚れはスポンジでさっととってください。

飲食店の洗い場はそれほどスペースに余裕がありません。そのため、大きなものを優先的に洗い、どんどんスペースを作るようにしましょう。また、グラス類や取り皿など、フロアで足りなくなりそうなものがあれば、それも率先して洗っていきましょう。基本的には食洗機をいっぱいにしすぎないことが大切。ぎゅうぎゅうにすると汚れが落ちにくくなります。

また、先輩の仕事を一度じっくり観察すると上達が早まります。ベストな立ち位置や、どの作業をどの順番でやっているかなど、慣れている人の動きを見るのが一番勉強になるものです。

洗い場仕事はタイムアタック方式で達成感!

Photo by iStock.com/Kavuto

洗い場の仕事というと、ただひたすら手を動かすだけというイメージがあるかもしれませんが、意外と頭を使う作業ということをご存知でしょうか。常に、下げ台・シンク・食洗機・食器棚の状態を把握し、そこから今何を洗うべきか、先に食洗機をセットすべきか、それともたまった食器を棚へ戻すべきかなど、考えることは山ほどあります。これらをスピーディにこなしていくところに、面白味を感じる人が多いようです。

また、洗い場は時間との勝負。ダラダラとやっているとどんどん汚い食器がたまり、あっという間に店が回らなくなります。ですから、一分一秒をどうやって縮めていくかという、タイムアタック的要素もあるのです。作業の順番を変えたり、立ち位置を変えたりして、自分の中のベストを追求するのはやりがいの一つ。

洗い場は、忙しい時は戦場のようなバタバタ具合。忙しい時間を仲間と乗り越えると、かなりの連帯感を得られます。さらに、大変な時期をやり遂げたという達成感も感じられるでしょう。

洗い場の大変なところは、手荒れとの闘い。常にお湯や水にふれ、洗剤も使うため、乾燥して手が荒れてしまいやすいものです。手荒れ対策として、手にしっかりと密着して、物を掴んでもすべりにくいゴム手袋を使用する飲食店も多いので、手荒れが心配な方は面接の際に確認しておきましょう。

また、立ちっぱなしになるため、足腰に負担がかかります。ホールスタッフのように歩き回ることも少ないので、足首などをこまめに回すといいでしょう。

一流の洗い場スタッフになろう

Photo by iStock.com/kali9

飲食店の繁忙期はお店によって異なりますが、イベントの多い夏や年末年始は多くのお店が忙しくなります。忘年会・新年会の需要が高まり、特に週末は予約でいっぱいになる店も多いでしょう。また、年度末や年度初めは歓送迎会の需要が高まります。これらはコース料理で予約されることが多いので大皿も取り皿もよく出ますし、まとまった人数の箸やフォークも出ます。こうした時期は自然と洗い場の求人も増えていきます。

テラスがあったり貸し切り営業をよくしているような店では、結婚式シーズンである6月と10月にも求人がよくでます。自分がどういった飲食店で働きたいかによって、どこに応募するかを決めるとよいでしょう。

また、昨今の洗い場バイトの特徴として、外国人スタッフが多い点が挙げられます。基本的にはやり方さえ覚えてしまえば言葉でのコミュニケーションは少なくてすむため、まだ日本語が完璧に話せない方に選ばれやすいと言えます。こうした機会にインターナショナルな環境で働けるのは魅力の一つですね。

洗い場は追求すればするほど面白くなっていく仕事です。テキパキと手を動かし「あの人がいると皿が常に補充される」「あの人はいつも器の扱いが丁寧」「あの人はいつも作業が早くて下げ場がすぐに空く」と思われるような、信頼されるスタッフを目指しましょう!

求人@飲食店.COMでは、洗い場・皿洗いの求人情報を多数掲載しています。洗い場・皿洗いのアルバイト求人一覧よりご覧ください。