しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:5月23日 21:40]

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2015/10/21

2015年の食トレンド一挙公開! いま、グルメシーンで話題なのはこのメニュー!

フローズンスモアを作る様子。Photo by T.Tseng「Making...」

2015年も残すところ2ヵ月余り。総括するには少々早いですが、今年の食のトレンドについて今回は触れていきたいと思います。

当社が運営する『食材仕入先探し』で連載中の 「食材バイヤーズマガジン」では、2015年の食のトレンドとして次のようなものを挙げていました。スーパーフード、シャルキュトリー、パクチー、和菓子、アーモンドミルク……。これらの中でも、特にスーパーフードは大いに話題となり巷を賑わせたようです。

ココナッツオイルやスピルリナ、そしてチアシードを用いた食品が気軽に家庭で楽しめるようになり、また飲食店でもスーパーフードを用いたメニューが続々と誕生。健康志向が高まる昨今のスタンダードとして定着しつつあるようです。そんな今年の食のトレンドですが、飲食業界を賑わせた食材・メニューはまだまだあります。いくつかご紹介していきましょう。

ハイブリッドグルメが示した“なんでもアリ感”

クレーグルはヤマザキで商品化されています

ハイブリッドグルメとは、2つの異なるメニューを組み合わせた食べ物のこと。じつはコレ、世界中で流行しているようで、ロサンゼルスではベトナム料理のフォーとメキシコ料理のブリトーを組み合わせた「フォーリトー」が、そしてニューヨークではクロワッサンとベーグルを組み合わせた「クレーグル」が誕生。さらに日本でも、つけ麺とナポリタンを組み合わせた「つけナポリタン」、ハンバーグをビスケットで挟んだ「ビスケットサンド」、麻婆豆腐に焼きそばをつけて食べる「マーボー焼きそば」など、様々なハイブリッドグルメが誕生しています。なかにはB級グルメ感が漂うメニューもありますが、「シフォンパンケーキ」のようにグルメ好きな女性を中心に高い人気を誇るものも。このハイブリッド方式でのメニュー開発は、2016年も注目を集めそうです。

海外のマニアックな料理が次々と上陸!

テンペを使った料理。Photo by Stacy Spensley「summer tempeh...」

海外発のマニアックなメニューが上陸して話題を呼んでいます。バリ島発の「テンペ」は大豆を発酵させた食材で、ヘルシー嗜好の女性を中心に高い支持を獲得。またローマ生まれの「ピンサ」は、一見するとピザに見えますが、食感が軽い、消化に良いなどの理由で、ピザに代わるメニューとして注目されています。さらにインド発の「ビリヤニ」や「ミールス」、そして南米発の「セビーチェ」も食通を中心にじわりじわりと人気を集めている様子。いずれも現地と変わらない本格的な味で供されているのが特徴です。

熟成は熟成でも、今年は魚、そしてジビエの熟成に注目!

昨今の熟成ブームを牽引してきた食材といえば牛肉ですが、今年は魚、そしてジビエを熟成して提供する店舗が話題を集めています。熟成魚を提供する店としては、二子玉川『すし喜邑』、四谷『すし匠』といった人気寿司店、さらに今年日本橋にオープンした『熟成魚場 福井県美浜町』などが人気のよう。そして熟成ジビエを提供する店としては、祐天寺『ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ』、新宿『パンとサーカス』などが話題となっています。「熟成」というキーワードは、まだまだ深化していきそうですね!

良質な牛肉を安く食べられる時代に

A5ランクの黒毛和牛が5,800円で食べ放題になる『銀座のステーキ』、そして300gのステーキが1,800円で味わえる『いきなり!ステーキ』など、良質な牛肉を低価格で提供する店舗が続々登場! 近年は『ウルフギャング・ステーキハウス』などの海外ブランドが隆盛を誇っていただけに、こうした日本ブランドの活躍は肉ブームの新たな起爆剤となっています。

スイーツ界を大いに賑わせたのは、NY発のあのお店!

今年、スイーツ界で大きな話題となったのが、6月にオープンした『ドミニク・アンセル・ベーカリー』。冷たいバニラアイスをマシュマロで包み表面をバーナーで炙った「フローズンスモア」、そして、ショットグラス型のクッキーに冷たい牛乳を注いで味わう「クッキーショット」といった話題のスイーツが味わえるとあって、連日多くのスイーツファンで賑わっています。こうした日本初上陸を果たした人気スイーツに加え、今年はハイブリッド型のスイーツがグルメシーンを席巻。ワッフルとドーナツを組み合わせた「ウォーナツ」、マカロンとアイスを組み合わせた「マカロンアイス」、クロワッサンとマフィンを組み合わせた「クロフィン」など、今やスイーツ界は“ハイブリッド”が欠かせないテーマとなっているようです。

いかがでしたでしょうか。移り変わりの激しいグルメシーンのなかで、“熟成”というキーワードは確固たる地位を築きつつあるようです。またハイブリッド型のメニューが続々と誕生しているのも今年の特徴と言えるでしょう。2016年はどんな食材、どんなメニューが流行るのか? 今から楽しみですね!

さて今回は2015年のグルメシーンを賑わせた食材・メニューについてご紹介しました。求人@飲食店.COMでは、今話題のメニューを提供するお店の求人情報を多数掲載しています。飲食店の求人一覧より話題のワードで検索してみてください。