しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:12月2日 20:32]

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2020/10/29

コロナ禍で「キッチンカー」の需要が拡大! 人気の秘密や繁盛店の事例をご紹介

新型コロナウイルス感染症の影響で苦境に立たされている飲食店が多い中、キッチンカーの需要が拡大しています。キッチンカーは、固定店舗を持つ飲食店が新規参入するケースもあるなど、コロナ禍で注目を集める業態です。今回は、キッチンカーの需要が増えている理由に迫ると共に、話題のお店についてもご紹介します。
画像素材:PIXTA

今、キッチンカーの需要が増えている理由とは?

新型コロナウイルス感染症の拡大により、3密を避けたテイクアウトのニーズが拡大。移動しながらテイクアウト販売を行うキッチンカーも、感染リスクを軽減しつつ美味しい料理を購入できる店として注目を集めています。車内で調理ができるキッチンカーは、固定店舗と同じようにできたてを提供できるのもポイント。お店の味を気軽に楽しんでもらえます。

また最近では、従来キッチンカーの出店が目立っていたオフィス街や商業施設だけでなく、コロナ禍の巣ごもり需要に対応して、住宅街やマンションなどへの出店が増加。自治体のなかには、飲食店の少ないエリアに対する誘致を行ったり、業態転換に対する助成金を設けたりしているところもあり、新規参入がしやすくなっています。

キッチンカーでの営業、メリットは?

■低コストでの開業・運営が可能

キッチンカーで販売を行うには、厨房設備の整った車の用意、保健所からの営業許可、食品衛生責任者の資格取得などが必要です。店舗が必要ない分、開業資金は固定店舗よりリーズナブル。固定店舗の開業資金が500万円~1,000万円と言われているなか、キッチンカーなら300万~400万円ほどで開業できます。

さらに、少人数で運営できるため、人件費は最小限でOK。オープン後のランニングコストを抑えることもできるでしょう。また開業にかかる準備期間も、固定店舗の場合は1年ほどかかることもありますが、キッチンカーは1~3ヶ月ほどと手軽に始められます。

■状況に応じて出店場所を選べる

「お客さんに来てもらう」固定店舗とは対照的に、キッチンカーは「お客さんが集まる場所へ移動して営業する」スタイル。そのため、曜日ごとに集客が見込める場所に移動して販売を行うことも可能です。出店場所が一か所に縛られないため、人が集まらなかったり、売上が上がらなかったりしたら、別の場所に移動するなど切り替えることもできます。

画像素材:PIXTA

キッチンカーの人気店は? 今話題の店舗を紹介

キッチンカーでは、和食や洋食、エスニック、スイーツなどバラエティ豊かなジャンルの料理が提供されています。キッチンカーを専業としている店舗もありますが、固定店舗と両立させているお店も少なくありません。ここからは、近年注目を集めている人気のキッチンカーをご紹介します。

■TOKYO PAELLA(トーキョー パエリア)

都内のさまざまな場所に出店し、パエリアを提供しているキッチンカー。本場スペインで料理長を務めた経験のあるシェフが腕を振るう本格派です。パエリアは、容器からこぼれそうなほどボリュームたっぷりで、具材を週替わりにすることでお客様を飽きさせない工夫もされています。

■白雲台

大阪府に3店舗を構える焼肉店が始めたキッチンカーで、大阪市内のオフィス街などでお弁当を販売しています。ハラミ弁当やトントロ丼など、焼肉店ならではのスタミナ満点のメニューが魅力。固定店舗で使用しているタレをキッチンカーでも使っているため、店頭で食べられる料理にも引けを取らない味を楽しんでもらえます。

■Colpo della Strega(コルポ デラ ストレーガ)

銀座8丁目に固定店舗を構えている本格イタリア料理店も、ランチタイムにキッチンカーを導入しています。固定店舗はディナー時の予算が5,000円~10,000円という本格イタリアンですが、キッチンカーでは1,000円ほどで楽しめるワンプレートメニューを用意。気軽に本格的な味わいが堪能できると評判です。キッチンカーのお客さんが固定店舗のディナーを食べに来ることもあるなど、売上アップにつながる効果が出ています。

■MOCHIKO Chicken Factory(モチコ チキン ファクトリー)

もち粉を衣に使ったハワイの唐揚げ「モチコチキン」を販売する人気店。秘伝のタレに一晩漬け込んだチキンに、5種類から選べるオリジナルソースをかけていただきます。同店は、複数台のキッチンカーを持っており、都内約20か所に曜日替わりで出店。オーダーを受けてから約15秒で提供できる環境を整えているなど、限られた時間のなかでより多くのお客さんに販売するための工夫をしています。

■シェフズキャラバン ヨコヅケ

プロがキッチンカーでお客様の家まで訪れ、本格イタリアンを調理するサービスを行っています。自宅にいながら本格的なコース料理を楽しめるとあって、お祝い事やホームパーティーなどさまざまなシーンに重宝されているそう。メニューは、3種類あるコースから選択でき、アニバーサリー用のオプションを追加することも可能。ドリンクの飲み放題プランもあるなど、お酒も楽しめます。

今回はキッチンカーのメリットを中心にお伝えしましたが、天候の影響を受けやすい点や、リピーターが付きにくい点など、少なからずデメリットもあります。しかし上手く利用することで、コロナ禍での売上確保や既存の固定店舗への誘導など、さまざまなメリットが得られる業態でもあります。今後もますます注目を集める業態となりそうです。