しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:Mon Sep 24 17:35:00 JST 2018]

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2018-09-12 10:49:11.0

個人経営の飲食店で働こう。アットホーム・独立しやすい…小さなお店の魅力とは?

Photo by iStock.com/kali9
飲食店にはさまざまな種類・ジャンル・規模のお店があります。今回は個人経営の飲食店や小さなお店に注目! 求人@飲食店.COMの調査によると、20~30代の5割が個人経営の飲食店で働きたいと回答しています。では、個人店や小さなお店の仕事にはどのような魅力があるのでしょうか。

店長やオーナーの雰囲気=お店の雰囲気

個人店・小さな飲食店の場合、働いているスタッフの人数が少ないため、オーナーや店長の雰囲気がお店全体の雰囲気につながります。例えば、情熱的でアクティブなオーナーや店長だと、スタッフもその雰囲気に近い人が集まり、活気のあるお店になります。一方、真面目で控えめな人がオーナーや店長だと、落ち着いた雰囲気のスタッフが多くなり、お店自体もそれに近い雰囲気になるでしょう。自分がオーナーや店長と雰囲気が似ているお店だと、仕事もしやすくなると言えますね。

反対に、オーナーや店長と合わないと長く続けるのは難しいかもしれません。チェーン店であれば、店長や社員の交代は頻繁にありますが、個人店の場合はほぼ変わりません。仕事をする前に、できるだけ客として店を利用して雰囲気をつかんでおくとよいですね。

個人店や小さなお店は人間関係の悩みが少ない!?

   Photo by iStock.com/andresr

スタッフの人数が少ないこともあり、慣れてしまえば人間関係に悩むことは少ないことも個人店で働くメリット。スタッフの人数が多いお店では、派閥というと大げさかもしれませんが、いくつかのグループに分かれてしまうこともあります。小さな飲食店では、もともと相性の良い人だけが残る傾向にあるので、人間関係に悩む可能性は少ないでしょう。

一方で、スタッフが少ないことで、代わりを頼みづらい、欠勤になると店舗に大きな影響を与えてしまう、ということもあります。シフトの都合が悪くなるのが分かった時点で早めに相談しましょう。人数が少ない分、互いに協力体制がありますし、その辺りは融通をきいてくれるオーナーや店長が多いです。あなたも他のスタッフの代わりに出てほしいと言われたら、可能な限りなるべく対応するようにしましょう。

また、お客さんとのコミュニケーションに関しては、常連さんが多く、スタッフとお客さんの距離が近いことも個人店の特徴と言えます。お客さんに顔を覚えてもらったり、声をかけてもらうこともあるので、コミュニケーション能力を高めることができます。

個人店は「何かと融通が利く」説

働きやすさに関しては、チェーン店と比較して個人店・小さなお店は細かい決まりが少ないところが多いです。例えば、シフトに関しては、チェーン店ではきっちり決められたシフト表があり、時間の融通が利かないところもありますが、個人店ではシフト決定後もオーナーや店長に相談することで調整できるとことがあります。

また、賄いに関しても、チェーン店ほど細かい決まりがないようです。チェーン店ではメニューが決められていたり、そもそも賄いがない店舗もあります。個人店の場合は、キッチンスタッフがオリジナルメニューを作ってくれたり、自分で余った食材で作る店舗もあります。なお、オーナーの好意であまった食材などをもらうことができる店舗もあるようですが、食中毒やお金の問題などもあり、褒められることではないので、賄いや食材をそのお店で働く目的にするのはやめたほうがよいですね。

独立への近道!? 飲食業の幅広いスキルが身につく!

   Photo by iStock.com/Yue_

個人店や小さな飲食店の場合、スタッフの人数が限られていることもあり、慣れてくると幅広い仕事を任されることが多いです。キッチンとホールの両方を状況に合わせて行き来したり、開店準備や閉店作業を任されたり、発注業務などを行うこともあります。

また、お店によってはレジ締めや売上管理、アルバイトの採用や教育などの人材に関する業務、イベントやメニューの企画に関わる機会もあり、飲食業に関する幅広い知識・スキルを身に付けることができるでしょう。このため、将来独立したい人にとって、個人店での仕事は独立への近道と言えるかもしれません。

このように、個人店や小さな飲食店では、言われた業務をこなすだけでなく、自分から提案する機会があったり、いろいろな業務に関わりながら“お店づくり”に参加することができます。飲食業に必要なあらゆる業務について、実践を積み重ねながらスキルアップできることは、個人店や小さな飲食店で働くメリットと言えるでしょう。

個人店や小さなお店はこんな人に向いている!

どんな人が個人店や小さな飲食店で働くのに向いているのでしょうか。まず、多くのスタッフやお客様と接するより、数は少なくともじっくりとコミュニケーションを取りたい人に向いているでしょう。

また、お金以外にも得るものがほしいという人には、いろいろと得るものが多い環境なのでおススメです。特に、将来自分の店を持ちたい人にとって、オーナーから飲食業について多くの生きた知識を学ぶことができるところは非常に魅力的です。実際に独立する際には、よほど近隣で類似業態でないかぎりは応援してくれるでしょう。

いかがでしたか。今回は個人店や小さな飲食店の仕事にフォーカスしてみました。飲食店の仕事をオールマイティに経験したい方は、個人店や小さな飲食店での仕事を選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

求人@飲食店.COMでは、個人経営や小さな飲食店の求人を多数ご紹介しています。個人経営の求人一覧小さなお店(20席未満)の求人一覧独立希望者歓迎の求人一覧よりご覧ください。