飲食業に関わる資格紹介 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:Thu Nov 22 01:25:00 JST 2018]

飲食・フード業界の資格一覧

心強い味方! 「飲食業界の資格紹介」

カテゴリーアイコン調理の資格

管理栄養士

食品のプロ☆ 栄養のエキスパート!

転職/就職に活かせる度:

資格の特徴

管理栄養士とは、栄養士の上級資格にあたり、唯一国が認める栄養関連の国家資格です。
管理栄養士は、栄養士より専門的な知識を用いる栄養指導や食事の管理指導などが大切な役割となります。

昨今、高齢化や生活習慣病の増加に伴って栄養管理に対する意識が高まっている中、病院や福祉施設、保健所、学校、企業・官公庁など様々な場で管理栄養士の資格が高く評価されています。
管理栄養士の資格を取れば、栄養指導のプロとして高く評価され、就職・転職に有利!

また、栄養士より専門的な知識を用いる栄養指導や食事の管理指導などを行うため、より責任ある立場を任されます。
栄養士に比べ責任ある立場の仕事を任されますから、いっそうやりがいを感じながら働けます。

病院では、管理栄養士が行う栄養指導には診療報酬を加算できたり、介護保険施設でも管理栄養士を配置することでサービス単位が加算されたりと、雇用側にもメリットがあります。
それだけに、資格手当やお給料アップも望めます!待遇面でのステップアップも期待できますよ!

取得方法

栄養士の免許取得後、管理栄養士の国家試験に合格し、厚生労働省に備える管理栄養士名簿に登録する。

受験資格

(1) 修業年限が2年である栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許取得後、厚生労働省令で定める施設において、3年以上栄養の指導に従事した者
(2) 修業年限が3年である栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許取得後、厚生労働省令で定める施設において、2年以上栄養の指導に従事した者
(3) 修業年限が4年である栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許取得後、厚生労働省令で定める施設において、1年以上栄養の指導に従事した者
(4) 修業年限が4年である管理栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を取得した者

資格を活かした転職・就職先

外食産業をはじめとして、病院、工場、保育園、学校、福祉施設、行政施設などが挙げられます。
その中でも栄養士として就職する場合、給食産業、食品工場や病院がポピュラーな就職先です。
管理栄養士は、全国どこでも通用し、一生使える国家資格です!
引っ越しなどで環境が変化しても、仕事が探しやすく、ライフスタイルに合わせて働くことができるのも大きな魅力です☆

簡単に登録! 1分以内で会員登録完了!

会員登録をすると、サイトの様々な機能やコンテンツを快適にご利用いただくことができます。
詳しくは、「会員になるとできること」をご覧ください。

無料会員登録をする