飲食業に関わる資格紹介 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:Wed Jul 18 11:39:00 JST 2018]

飲食・フード業界の資格一覧

心強い味方! 「飲食業界の資格紹介」

カテゴリーアイコン独立など仕事の幅を広げる資格

フードコーディネーター

食のトータルプロデューサー!

転職/就職に活かせる度:

資格の特徴

フードコーディネーターとは、食の専門知識を使って、食に関わるトータルプロデュースを行う人、またはその資格を指します。
「料理を通じて人を喜ばせたい」という方にピッタリの資格です!

フードコーディネーターの仕事は、食の商品開発、レストランプロデュース、販促・メディアなど、食に関係する事柄すべてに関わっています。
例えば、料理を美味しく見せることや美しく見せること、飲食店が成功するようにコンサルティング業務を行う事やメニューの開発など。
料理関係の雑誌や広告などのコーディネートを行う場合、決められた料理についてのフードコーディネートだけではなくレシピの提案などを行う場合もあります。
このような場合、料理は当然のこと、撮影に使う食器やカトラリー、テーブルを彩るための花や小物などにいたるまで、総合的に演出する必要もあるので、食品に対しての知識だけではなく、その周りのアイテムについての知識も必要になります。

レストランプロデュースの場合は、経営に関しての提案を行ったり、商品開発に関わったりします。
この場合は、その場限りのアイデアや提案ではなく、先を見通すことのできる判断力や企画力も求められます。

近年「食」の多様化がすすみ、「フードコーディネーター」の需要はますます高まっています。
さまざまな企業との連携でお仕事する以外に、独自に研究をして教室やサロンを開く人もいます。
しかしながら、資格を取得したら仕事がある、というわけではありません。
最終的に仕事へつなげるのであれば、何よりも経験、実践面が重要になります。
人脈を作り、様々な情報を入手するためにも、フードコーディネーター養成スクールで勉強することをおすすめします。

取得方法

NPO法人日本フードコーディネーター協会が実施する資格試験に合格する。
尚3級の場合、調理師・栄養士・管理栄養士・製菓衛生師のいずれかの免許を持っている方は、文化と科学の試験が免除されます。

受験資格

■3級は18歳以上
■2級は、3級に受かっており、なお且つ日本フードコーディネーター協会に認定登録している者。
■1級は2級に受かっていることが条件。

資格を活かした転職・就職先

飲食店では和食・洋食・中華など、業態にとらわれず幅広く活躍できます。
その他、食のイベントの企画・運営、店舗設計&食空間の演出、テレビ番組・コマーシャルの演出、雑誌・出版物の取材&編集・・・など。
飲食の現場〜PRまで幅広く活躍できます。

簡単に登録! 1分以内で会員登録完了!

会員登録をすると、サイトの様々な機能やコンテンツを快適にご利用いただくことができます。
詳しくは、「会員になるとできること」をご覧ください。

無料会員登録をする