応募編:お仕事探しマニュアル 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト

採用ご担当者様はこちら⇒
  1. トップ
  2. お仕事探しマニュアル

お仕事探しマニュアル

履歴書の書き方や、応募や面接時のポイントを確認して、希望のお店に採用されよう!

仕事を探す前に、まずはしっかり準備をしよう

1. 応募編

Step 1:求人情報を集める!

まずは、求人情報をざっと見て、気になる情報を多めにピックアップしましょう!

「自分で探す」以外にも、お仕事を決める方法があります。
スカウトサービスに登録して、お店からのオファーを待ってみましょう。 ⇒ 詳しくはコチラ

Step 2:応募先をしぼる!

ピックアップした仕事情報を、職種・勤務地・給与など、優先したい条件から確認していき、条件に合わない店舗は、候補から削除しましょう。

比較検討に便利な、「気になるリスト」への保存をお勧めします。
応募先はひとつに絞り込む必要はありません。
希望の条件にあうところをいくつかあげておきましょう。

Step 3:さぁ応募!

求人情報を読み込む

応募したいお店が決まったら、さぁ応募!の前に、求人情報を良く読みましょう。

  • 貴方が探しているお仕事内容に間違いないですか?
  • 応募資格は問題ないですか?
  • 給与や待遇は希望にあっていますか?

応募フォームから応募する

問題がなければ、いよいよ応募。
フォームから応募情報を入力しましょう。

とりあえず応募はNG
先方もあなたのために、忙しい時間を割いて面接をセッティングしています。
「面接してほしい」「ここで働きたい」と思えるお仕事にだけ応募しましょう。
その心がけが、採用の第一歩です。
「自己PR」も記入
必須項目ではないので、自己PRを記載せずに応募することはできます。
しかし、応募者が多数の時、自己PRの有無や、その内容が、先方の判断基準に大きく関わってきます。最悪の場合、自己PRがないことで、やる気がないと判断され、面接へ進むことができなくなることもあります。
「自己PR」の書き方
こう書かなければいけないという決まり事はありません。
100人いれば、100通りの「自己PR」があっていいのです。また、たくさん書く必要もありません。
丁寧な言葉で、あなたが先方にアピールできることを記入してください。
そこで「うちのお店で活躍してもらえそうだな」と思わせることができればベストです。

Step 4:連絡を待とう!

応募先から、応募時に入力したメールか、電話番号に連絡があります。

こまめに電話やメールをチェックしておきましょう。
応募先からの電話連絡を受け損なった時は、折り返しあなたから連絡をしましょう。

求人@飲食店.COMでは。1週間以内の返答を推奨していますが、
応募先にも諸事情があり連絡が遅くなる場合もあります。
(求人@飲食店.COMでは各店舗の先行状況、経過等を把握することはできませんので、
遅いと感じた場合は、直接応募した企業へお問い合わせください)

簡単に登録! 1分以内で会員登録完了!

会員登録をすると、サイトの様々な機能やコンテンツを快適にご利用いただくことができます。
詳しくは、「会員になるとできること」をご覧ください。

無料会員登録をする