オープニングスタッフ募集を中心とした飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト「求人@飲食店.COM」 [更新:8月11日 12:38]

  1. トップ
  2. 飲食店の求人一覧
  3. FUJI COMMUNICATION
新規メンバー募集!水餃子と台湾ストリートフードで、今注目のFUJI COMMUNICATION!

「FUJI COMMUNICATION」の求人情報

[ フジ コミュニケーション ]
  • 駅チカ(徒歩5分以内)
▼お店データ [お店のサイト]
業態 水餃子・台湾ストリートフード
客単価 3000円〜4000円 席数 20席〜30席
最寄駅 東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅より徒歩5分 東京メトロ東西線 神楽坂駅より徒歩7分
勤務地 東京都新宿区水道町1-23 石川ビル 2階 [地図]
定休日 月曜日
運営 フジコミュニケーション
FUJI COMMUNICATION

このお店で募集中の職種

このお店の特徴は?
×

クリックすると、
職種ごとの募集内容が表示されます。

閉じる
料理長候補(シェフ・板長など)募集
特徴
雇用形態・
給与
アルバイト 時給1200円〜1500円 給与は経験などにより定めます。
応募資格 調理経験3年以上が希望、しかし家庭での調理や料理が好きな方は未経験でもOK
飲食店での勤務経験3年以上、もしくは接客業務を得意としている方は歓迎
勤務時間 10:00〜23:00 (休憩時間あり) 深夜時間手当あり
また、シフトにより長時間シフト・短時間シフトあり
終電考慮 フルタイム歓迎 ランチのお仕事
休日・休暇 週休2日のシフト制
夏季休暇・年末年始休暇有り
待遇 年に台湾への研修旅行があります。すでに年間3回開催
今後は多店舗展開するにあたり、会社役員にもなれるチャンスです
海外研修 生産者訪問 社員登用制度 髪型自由 制服貸与
仕事内容・
求める人物
皮から手作りの水餃子を売りにしています。1日多くの皮を作るのは体力が必要です。
ランチタイムや、ディナーは一気に満席になることもありスムーズな調理が要求されます。
食材の仕入れやコスト管理も意識して営業運営して頂きます。
OPENキッチンでお客様のお出迎えや会話も必要です。元気よく愛想の良い挨拶が必要です。

全てにおいて大変やりがいのある業務です!
是非今までの経験を新店舗で力を発揮してください!

身につくスキル! 学べる知識!

包丁さばき
<応募先>FUJI COMMUNICATION 料理長候補(シェフ・板長など)の募集

お店の特徴 <水餃子・台湾ストリートフード> FUJI COMMUNICATION

FUJI COMMUNICATION
    ☆新メンバー募集☆
   ☆新店舗店長候補募集☆
   ☆台湾研修が年数回☆
 ☆立ち上げが得意な方募集☆
 ☆週休2日/短時間シフトあり☆
 ☆ナチュラルワインが好きな方☆


神楽坂・江戸川橋エリアに2019年3月末にOPENし、雑誌やメディアなどでも注目して頂いてます☆水餃子と台湾ストリートフード、ナチュラルワインがコンセプト!!

本場台湾の屋台/食堂イメージの店内は女性の方にとても気に入って頂いてます!!

ランチは水餃子と魯肉飯、排骨飯、台湾まぜ麺などのセットメニューで、台湾好きの方が遠方から態々いらしたり、近隣オフィスワーカーの方で賑わってます。
神楽坂・江戸川橋エリアにあり競合飲食店も多い中、とても高評価を頂いて僅かOPEN4ヶ月ですが多くの常連客様もいらっしゃいます。
皮から手作り、餡もニンニクとニラなどを使わず無添加水餃子は、本場にも負けない美味しさだと自負してます!!

今後は、この水餃子をまだまだ広めていこうと多店舗展開も考えております。
責任感があり、自らお店/会社を牽引できる方!是非、一緒に頑張って行きましょう!

お店からの投稿

  • FUJI COMMUNICATION

    我々2名は、高校の同級生というコンビからFUJI COMMUNICATIONはスタートしました。 当初は水餃子をお店のコンセプトにしようと掲げ、台湾に渡り 1日何食も水餃子や台湾ストリートフードを食べまくりました。 水餃子は、日本のものとはことなり、厚過ぎない薄くもない、何個でも食べれるもちもちながら歯切れの良い皮に感激し、 この水餃子の美味しさは、まだまだ日本人は知らない!と思い手作りの皮で毎日ひとつひとつの手作りにこだわりました。 工場などの大量生産にせず、想いを込めた餃子に共感を頂き、お陰様でご愛顧頂いているものと思います。 そして、調味料や食材選びにも時間を費やし、台北中を探し、 そのなかで、『馬告』という、台湾原産のレアスパイスと、とても重要な台湾の人物達とも出会いました。 『馬告』を使用した水餃や料理はとても人気で我々はそのルーツを探りに今年6月に台湾花蓮市に出向き収穫を行なっております。 全ては、石さんという一人の台湾人との出会いでした。 今後も台湾で沢山の料理を食べてそして、食材やスパイスなどを探すために年間に最低1回は出向きます。 (現段階で2回なので年間3回くらいかも笑) (当然研修として、旅費は会社負担です) そのような体験を一緒に、そして日本にまだまだない台湾を作って行きましょう!!

    福利厚生・おもしろい制度
    2019/07/30
<応募先>FUJI COMMUNICATION
料理長候補(シェフ・板長など)の募集