オープニングスタッフ募集を中心とした飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト「求人@飲食店.COM」 [更新:12月3日 07:43]

年間休日100日*公休月8日*家族手当*28万円スタート(研修給無し)*社保完備

「キング製麺」の求人情報

[ キングセイメン ]
  • 駅チカ(徒歩5分以内)
  • 小さなお店(20席未満)
▼お店データ [お店のサイト]
業態 ラーメン専門店
客単価 1000円〜1500円 席数 10席未満
最寄駅 JR京浜東北線 王子駅より徒歩5分 東京メトロ南北線 王子駅より徒歩5分
勤務地 東京都北区王子本町1-14-1 高崎ビル 1F [地図]
定休日 不定休
運営 株式会社イノセンス
キング製麺
名物のワンタンメンです

このお店の求人情報

このお店の特徴は?

お店の特徴 <ラーメン専門店> キング製麺

キング製麺
ラーメンWalkerの表紙になりました
"目の前のお客様を喜ばせよう"

この言葉は各店舗に掲示している言葉で、我々が大切にしている考えです。

そして、その下には

①売上を追わない
②店都合、自分都合の効率を追求しない

と書いてあります。

とはいえ我々は会社ですから、会社を存続させる為に売上が必要です。
そして、お客様に喜んでいただく為に再投資をし続ける必要があり、その原資が利益です。
ですから、利益は絶対に確保しなければいけません。

矛盾しているのですが、「売上・利益の確保」と「お客様に喜んでいただく」この2つの狭間で常に仕事をしているのが我々飲食業です。

では、なぜ「①売上を追わない②店都合、自分都合の効率を追求しない」と宣言しているのか?
それは、オーナーシェフと私の2人体制の個人店から、上場直前の鳥貴族の店長を経験してきた私の経験上、店舗に対して売上ノルマを作ってしまうと現場は「ぶん回す」ことでしか表現できないと考えているからです。(今まで働いてきたお店、会社がダメだったという事ではありません)

例えば、ランチのピーク中に店都合で無理なご案内をしてしまう。
・この席が空けば3名様を案内出来るのに… →(無言の圧力)。
・早く提供しようとして雑な盛り付けをしてしまう…等。
これを読んでいる皆様にも1度は経験があるのではないでしょうか?
営業が終わってみれば「最高売上だね!」なんて喜んでしまうかもしれませんが、店都合・自分都合で営業した結果、お客様にストレスを与えてまで奪い取った売上には価値がないとスタッフ達に伝えています。
ですから、そうならない為にどれだけ行列していたとしても、どれだけ忙しくても
「目の前のお客様が喜ぶことは何だろう?」と考えて行動しましょう。
手を止めてもいいし、少し時間が掛かってもいいから、優先順位を変えてお客様に寄り添った行動をしながら最高品質のラーメンを作ることで、御来店されたお客様が「この店に来てよかった」と思っていただけると思う。
そういうお店が私にとっていいお店であり、それを目指している。と伝えています。

たかがラーメン屋かもしれませんが、我々と関わることで休憩時間中のリフレッシュの場になったり、大切な人とのデートがいつもより楽しくなったり、仕事帰りに立ち寄ってちょっとした自分へのご褒美の場になりたいと本気で思っています。

少々暑苦しくなりましたが、弊社に興味を持って頂いた方に向けて
私の想いを伝えたくて書きました。

以下、弊社のこだわりや強みのご紹介です

【社員中心で運営している】
弊社にはワンタンを巻いてくれるパートさんが1名在籍しているだけで、それ以外は全員社員です。各店舗オープンからラストまで社員3人体制。定休日を作らず営業しながらスタッフは月8休みを確保して運営しています。

飲食店経験者のスタッフしか採用をしないので、能力の差はもちろんありますがオープンからラストまで大人が3人いる安心感・安定感があります。(つけめん金龍は7席なので2名体制)

アルバイトを雇用すれば、時間の調整が出来るので人件費のコントロールがしやすいのは事実です。しかし、アルバイトは「今日行けなくなってしまいました」があります。
そうすると3人で営業をしなければいけない所を2人で営業しないといけなくなり、いつも通りの品質・接客で営業が出来なくなり、お客様に迷惑をかけてしまいます。これが社員だけで構成している理由です。

しかし、社員を沢山雇用する事は経営を圧迫する側面もありますが、今は【社員中心だからこそ出来る高い水準の店づくり】を最優先に考えて経営しています。

「お客様にいつでも安心してご利用いただきたい」
「従業員に安心して働いてほしい」
この2つをバランスよく達成する事が私が目指している会社です。

【やるからには胸を張って仕事がしたい】
我々は自分達が作り出した商品に誇りをもって仕事をしています。一つ一つお店で仕込んでいるので、地味で細かい作業の繰り返しです。正直大変なときもあります…だからこそ、お客様に「おいしい!」と言って頂けた時の喜び・達成感はとても大きく、これこそが飲食店で働く醍醐味だと考えています。

【らぁめん小池・中華蕎麦にし乃・キング製麺の相乗効果を目指して】
各店強みが違います。白湯スープを炊く店、オペレーションに強くなる店、自家製面の店が我々にはあります。小池の白湯スープを活用して、キング製麺でつけめん。キング製麺の麺で家系ラーメンなど、それぞれの強みを持ち寄ってお客様に喜んでもらえるような体制を作っていきたいと考えています。
しっかり力をつけ、店舗運営の主力として活躍を期待しています!

【教育面のこだわり】
「人によって教え方が違う」「あの人にこう教えられたけど、この先輩には注意された」。このような出来事を減らせるよう、玉ねぎのサイズ、長ネギの長さ、チャーシュー増しの重さ、ワンタンの餡の重さなどを明確に数字で定めて人の感覚に頼らないようルールを決めています。そして、動画で共有する事で、ブレなくわかりやすく伝えることにも力を入れています。接客については様々な状況があるので、マニュアル化はどうしても難しいのですが、店主の私だったらどう判断するか?を基準にして指導するよう、各店店長に伝えています。

【店舗を増やした理由】
友達の結婚式、家族の集まり、先輩の送別会、彼女の誕生日にお祝いしたい。
こんな時に休める会社を作りたい。複数店舗あり人が揃っていれば、スタッフをスライドさせて休みたい時に休む事が出来ます。私の修行時代は定休日にしか休む事が出来なかったので、友達と予定が合わず遊ぶ事が出来ませんでした。そんな経験から仕事とプライベートのバランスがいい職場作りへの想いが人一倍あります。

そして、労働環境の向上にも力を入れています。
2017年8月から全社員《月8日休み》を実現。休日出勤はありません。
2019年は月8公休×12ヶ月=96日 +年末年始の休日も合わせて100日休めました。
2020年8月は公休日8日+1日有給=月9休み。
12人中3人が公休8日+有給2日を取得。
2020年は年間休日96日+年末年始=休日100日に加え、
2019年に達成できなかった有給奨励日5日消化を達成するよう準備をしています。
まだまだ世の中の基準には程遠いですが、一歩一歩労務環境の整備をしていきます。

我々のラーメンを通じて、「目の前のお客様に喜んでいただく」
この想いに共感したあなたと私は仕事がしたい。興味がある方は一度ご連絡下さい。
直接いろいろお話ししましょう。転職のタイミングも相談に乗ります。

それでは、ご応募お待ちしています!!

代表 水原裕満

コツコツ営業した結果、以下の賞を頂く事が出来ました。
ご参考までに…
▪️食べログ ベストラーメン2014受賞
▪️食べログ JAPAN RAMEN AWARD2016受賞
▪️食べログ ラーメン百名店TOKYO 2017・2018・2019受賞
▪️らぁめん小池:ミシュランガイド東京2016、2017、2018、2019、2020、2021ビブグルマン掲載
▪️中華蕎麦にし乃:ミシュランガイド東京2019、2020、2021ビブグルマン掲載
▪️キング製麺:ミシュランガイド東京2021ビブグルマン掲載

▪️2013年11月「つけめん小池」創業
▪️2014年9月「らぁめん小池」に業態変更
▪️2018年2月 「中華蕎麦にし乃」出店
▪️2019年3月「キング製麺」出店
▪️2021年1月「ぷれじでんと」出店
▪️2021年5月「つけめん金龍」出店
キング製麺の外観です
キング製麺の外観です
らぁめん小池(創業店)
らぁめん小池(創業店)
中華蕎麦にし乃(姉妹店)
中華蕎麦にし乃(姉妹店)
<応募先>キング製麺

このお店は求人募集を終了しました。