オープニングスタッフ募集を中心とした飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト「求人飲食店ドットコム」 [更新:4月17日 01:19]

  1. トップ
  2. 飲食店の求人一覧
  3. 白金台こばやし

「白金台こばやし」の求人情報

[ シロカネダイコバヤシ ]
  • 個人経営
  • 小さなお店(20席未満)
▼お店データ [お店のサイト]
業態 日本料理
客単価 20000円以上 席数 10席未満
喫煙屋内禁煙
最寄駅 JR山手線 恵比寿駅より徒歩15分 東京メトロ南北線 白金台駅より徒歩10分
勤務地 東京都港区白金台5丁目11-3 バルビゾン91 1階 [地図]
定休日 水曜日、月8日休み

募集再開メールを受け取る 登録すると募集再開時にメールが届きます

このお店の求人情報

お店の特徴 <日本料理> 白金台こばやし

**************************
開店から10周年、近隣に愛されるお店
兵庫県出身の店主の繊細な料理が魅力

未経験者、大歓迎
接客も調理も一から丁寧に教え世界で通用する人材を育てます◎
**************************


美味しさに妥協しない、まっすぐで美味しい日本料理をお届け
ほっこりあたたかい時間を過ごしてほしいと、お一人おひとりを丁寧におむかえいたします

■企業理念
美味しい日本料理とほっとする空間、やすらぎを感じる時間を提供することで社会に貢献する

■お客さまが自慢のお店です
素敵なお客様がご来店されることは当店の自慢。お客様とのご縁からたくさん学び、成長できます

■募集背景
良いお店づくりのため、1名の調理スタッフ、1〜2名の接客スタッフを募集しております。現在は店主、調理スタッフ2名、洗い場スタッフ1名、合計4名体制で営業時間中は切り盛りしています。メンバーを増やし、チームでより良いお店づくりをしてまいります。女将は裏方で店づくり・皆さんの働きやすい環境づくりをサポートしております。

■小さいお店だからこそ
少人数制のメリットは、何でもチャレンジできること。仕入れからお客様にお届けするまですべてに携わることができること。お客様としっかり向き合えること。料理長から直接学べること。デメリットは大型店舗と違い、数をこなせないことかと思います。そこは丁寧な指導でカバーして参ります。

■お店の雰囲気
instagramで日々の仕込みなど投稿しています
@kobayashi_shirokanedai
お店の雰囲気が伝わると思いますので宜しければ一度ご覧ください


■店主/オーナー 小林和道
兵庫県宍粟市生まれ。薪でお風呂を炊き、野菜と米を自家栽培しながら4人の息子を育てるパワフルな母と、鹿や猪を狩りに猟犬たちと仲間と共に山を元気に駆け回る父のもと、揖保川にて幼少期から自身も川釣りを楽しむ。調理師学校へ入学。一年学んだ後に神戸の高級料亭へ。27歳から料理長をつとめる。老舗の料亭だけでなく割烹居酒屋などでも料理長をつとめた経験から、高級食材だから美味しいということではなく本当に美味しい食材を見極める力や、食材×食材のかけあわせで新たな楽しみを見出す遊び心を持って料理する力を培う。
2013年11月「白金台こばやし」をオープン。ほっこりと過ごして欲しいという想いを持ち続け、唯一無二の店を作ることを目指して研鑽を積む。

■こんな方と一緒に働きたい
指示された仕事を作業としてこなすのではなく、自分にできることは何だろうか、もっと美味しく作るにはどうしたら良いだろうか、もっとお客さまに楽しんでいただくにはどうしたら良いか、と常に考えて行動できる方

■採用までの流れ
①応募 
②書類選考(プロフィール拝見します)
③面接
④内定
④可能でしたら3日間ほどのアルバイト勤務(日程要相談)
⑤本採用決定



□■みなさまへのメッセージ■□
ここまでお読みいただき、ありがとうございました
日本料理は地味な仕事が多いですが、仕入れからお客さまに直接お届けするところまで携われて直接ご感想をいただける、とっても素敵な仕事だと思います。一緒に楽しみませんか。お会いできることを楽しみにしています

お店からの投稿

  • 白金台こばやし

    こばやしの板長紹介 兵庫県宍粟市生まれ。薪でお風呂を炊き、野菜と米を自家栽培しながら4人の息子を育てるパワフルな母と、鹿や猪を狩りに猟犬たちと仲間と共に山を元気に駆け回る父のもと、揖保川にて幼少期(おそらく4歳)から自身も川釣りを楽しむ。その9割を森林が占める宍粟の豊かな自然の恵に囲まれて育った。 四人兄弟、家族の中で一番小さい四男坊のため(兄たちにはプロレス技をかけられる日々)、母の料理を手伝わないとご飯にありつけず手伝い始めたことが料理をはじめるきっかけに。今でも板長の作るあんこは懐かしい母の味。 釣り関係に進みたかったが、家族に手に職を持ちなさいと言われ調理師学校へ入学。一年学んだ後に神戸の高級料亭へ。上下関係が厳しい時代。特に期待せずに料理の世界へ入ったこともあり、毎日17時間勤務、給料は6万円、仕事が楽しいとは全然思わなかった。(扉のない押し入れに下宿していたことも)6年目くらいからだんだんと仕事が楽しくなってくる。その頃、阪神淡路大震災を経験。ニヶ月水汲み生活を過ごす。 27歳から料理長をつとめる。老舗の料亭だけでなく割烹居酒屋などでも料理長をつとめた経験から、高級食材だから美味しいということではなく本当に美味しい食材を見極める力や、食材×食材のかけあわせで新たな楽しみを見出す遊び心を持って料理する力を培う。 37歳の時に女将と出会い、5年間神戸と東京で遠距離生活。結婚後、独立を目指して東京で日本酒会を開催。東京には友人も知り合いもいなかったがチャレンジできるならと東京を選ぶ。不動産を探しながら、月一回休みの日曜日に、朝イチの神戸便で仕込んだ料理40キロを運んで開催、その日のうちに夜行バスで帰る1年間。 応援してくださった皆さまのおかげで、2013年11月「白金台こばやし」をオープン。難しい場所に開店したね、と言われたが皆さまのおかげさまでなんとか昨年10周年を迎え、11年目をスタート。ほっこりと過ごして欲しいという想いを持ち続け、唯一無二の店を作ることを目指して研鑽を積む。

    スタッフ紹介・研修
    2024/02/09
  • 白金台こばやし

    当店では日々の仕込みなどinstagramに投稿しております。 お店の雰囲気などがわかると思いますので宜しければご覧くださいね。

    働く環境
    2024/02/04
<応募先>白金台こばやし

求人飲食店ドットコムで、あなたにぴったりのお仕事を探してみませんか? 現在募集中のお仕事。