オープニングスタッフ募集を中心とした飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト「求人@飲食店.COM」 [更新:9月25日 19:12]

  1. トップ
  2. 飲食店の求人一覧
  3. どぜう飯田屋

「どぜう飯田屋」の求人情報

[ ドゼウイイダヤ ]
  • 駅チカ(徒歩5分以内)
▼お店データ [お店のサイト]
業態 どじょう専門店
客単価 3000円〜4000円 席数 100席以上
喫煙喫煙室あり
最寄駅 つくばエクスプレス 浅草駅より徒歩2分 東京メトロ銀座線 田原町駅より徒歩6分
勤務地 東京都台東区西浅草3-3-2 [地図]
定休日 水曜日
運営 有限会社どぜう飯田屋

募集再開メールを受け取る 登録すると募集再開時にメールが届きます

このお店の求人情報

お店の特徴 <どじょう専門店> どぜう飯田屋

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
江戸時代に創業した歴史ある老舗
「どぜう(どじょう)」の伝統を大切にするお店です

老舗ながら和気あいあいとした職場です
常連さんがいるのでコロナ禍でも安定経営◎
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


どじょうを専門に取りあつかうホンモノの老舗
つくばエクスプレス・浅草駅から、徒歩2分ほどの場所にある好立地◎
なんと江戸・慶応に創業した、伝統を大切にして歴史と風情を感じられる空間をご提供しているお店『どぜう飯田屋』。

老舗ゆえに、親子三代でどじょうを食べに来ていただいている当店。
常連さまが子を呼び、孫を呼び食事をするといったケースが多いです。
食事の席で子や孫に、どじょうのうん蓄や浅草の歴史を伝達しているシーンなどを目にすることも。
地域の方々に長年愛されている名店です!

・食材にとことんこだわり
当店がメインで取りあつかう「どぜう」は元来、安くて栄養価の高い食物として親しまれてきました。
どぜうは千葉県産を中心に、秋田や茨城から取り寄せ。
各々住む環境によって、どぜうの味は異なります。
くわえてご提供する「どぜう鍋」に欠かせない「牛蒡」と「長葱」も厳選。
産地を特定せず、都度いいものを仕入れています。
伝統の味を大切にするため、今でも昔ながらの割下の味を守り続けています。

どぜうを知りつくした板長
1951年、宮城県生まれ。
人と違った職に就きたいと上京。
地元ではあまり口にしない「どじょう」を扱う店ということで、『どぜう飯田屋』の門を叩きました。
調理の基礎などを学びながら『どぜう飯田屋』一筋で40余年。
板長となり、経験に裏打ちされた技と鋭敏な舌で店の厨房を支えています。

板長が自慢の一品と評するのは、鮮度抜群のどじょうを生の状態から煮込む「ほねぬき鍋」。
当店の場合「ほねぬき鍋」に使うどじょうは、生の状態から提供します。
お客さまに自分好みの頃合いで食べていただくのですが、あらかじめ煮込んでおいたものと比較すると生から鍋で煮込んだものは食感が抜群にいいです。

こんな歴史あるお店で、働ける貴重なチャンスです♪
みなさまのご応募、スタッフ一同心よりお待ちしています。
<応募先>どぜう飯田屋

求人@飲食店.COMで、あなたにぴったりのお仕事を探してみませんか? 現在募集中のお仕事。