オープニングスタッフ募集を中心とした飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト「求人@飲食店.COM」 [更新:8月16日 16:07]

Wine Restaurant Le Conteの投稿

Wine Restaurant Le Conteが、まかない、イチオシ食材、スタッフ紹介など、リアルタイム情報をメッセージと写真で投稿しています。
  1. オンリストするワインはテーマを決め全員で試飲して決めています。 楽しい時間ですが勉強です。 料理も含め、本当に勉強出来る環境というのは中々ありませんし 背中を見て覚える時代もオワリ・・・ ナゼそうするのか? その答えを明確に説明してもらえる・・・Le Conteはそういう場所です。

    その他
  2. オープンから約1ヶ月が経過、少しずつ通常営業のペースを掴みつつあります。 企画っぽいことも徐々に開始、第一弾はOpusOneをグラスで飲める!というもの、今後も色々やっていきます。 現在、スーシェフまたはパティシエのみ1名募集中です。

    その他
  3. 昨日(3/16)に無事オープンしました。 料理人またはパティシエ1名のみ募集しております。

    その他
  4. お店の雰囲気や方向性はインスタで! https://www.instagram.com/wine.leconte

    その他
  5. 料理の試作は順調、このあたり雰囲気の料理を出します。 ソムリエや接客サービスの方を引き続き募集しておりますm_ _m

    その他
  6. やっと本格始動、テストキッチンにて料理を追究しています。

    その他
  7. 現在工事中、ソムリエ・ソムリエール、ワイン好きな見習いの方も含めて募集中です。

    働く環境
  8. 1年半遅れましたがいよいよ始動! エグゼクティブシェフはRED U35 2021のブロンズエッグを受賞! 引き続き、ソムリエ、パティシエを募集中です。

    その他
  9. 寒色は涼しげな雰囲気醸し出すには最適、そんなデザートをいただきました。 料理は科学をエッセンスとして取り入れると幅が広がり面白さも増します。 そういう”研究”も必要!

    その他
  10. 薪の直火や炭火も調味料、新店舗で取り入れたい技法の1つです。

    その他
  11. お酒のペアリングの大半は最初に泡、白そして赤、少しヒネって間に日本酒を挟んだりくらい、 軽めや重めの料理に合わせる程度、真に料理とお酒の対話が出来ている!と感じる場面は稀。 料理人とソムリエが対等に意見を交えヒトサラに1つのお酒を組み上げる・・・ 業界アルアルの”犬猿の仲”ではダメですし、何よりそれはお客さんに対して失礼。 チーム一丸となりお客様と対峙する、そんな当たり前のことを正しく実現します!

    その他
  12. 純和食を出すことはありませんが季節の素材や地産地消も取り入れるため日本料理とも向き合う場面もあるかと思います。 『基本無くして応用ナシ』ですが、”踏まえて越える料理”を創出していきます。

    その他
  13. ノドクロは刺身で使えるほど新鮮で厚みも良好、ふっくらと熱入れし淡麗な味付け・・・素材を最大限に活かした中華料理が素晴らしい! フレンチやイタリアンに中華のエッセンスを取り入れるのもアリ、赤ワインに合う中華にもチャレンジ!

    その他
  14. 器も料理のウチ・・・ 皿から触発されることもありますが それは器具でも同じこと。 良い設備が新しい可能性や料理を生み出します。 設備もシッカリ目、コンパクトな店舗でも重装備な厨房に・・・

    その他
  15. おせちのような日本料理は素材感も彩りも良く、季節を感じる木の芽が各所に・・・ 和のエッセンスも取り入れた料理を目指します。

    その他
  16. 素直に食材を表現したフレンチは鮮度良く、久しぶりに赤ワインも堪能出来ました〜

    その他
  17. 日付をみたらちょうど半年、 コロナ騒動で新店舗の立ち上げも保留になっていましたが、もう1年・・・遅れましたが準備再開です。 今の時期は旅館限定で外食することも多くなりました。 和食も勉強になります! 炊き込みご飯が秀逸でした。

    その他
  18. 高単価な料理とチープな容器のギャップが悩ましいデリバリー、高級店でも参加すべきか? 出来ることはナリフリ構わず!とはなりませんが、可能性は追求する感じ。 環境は常に変化していく・・・だから現状維持でも変化し続けなければならない。 デリバリー3社のためのタブレット3台・・・ ある程度先行きを見通してからプロジェクトを進めたいところ、でも現状それが難しい。

    その他
  19. ハズレと言われるヴィンテージ'03のコルトン、飲み重ねると今この辺りで良い感じのモノが多め? '05などはもっと先の飲んであげた方がワインにとっても幸せ・・・ メオ・カミュゼにしてはかなりシッカリした印象、コルトンならでは!というイメージの1本。

    その他
  20. 一部の焼酎は一時期入手困難で苦労しましたが、最近は普通に買えるので有難い! 『野うさぎの走り』を3本、度数が高めなので氷砂糖を15%UP、 お店に関わる人全員で楽しめる日が来ることを願って、先行投資です。

    その他
次の 20 件を見る ▼
この投稿のお店情報

Wine Restaurant Le Conte

業態
本格ワインを扱う・イノベーティブ・フレンチ
最寄駅
京王線 府中駅より徒歩1分 
募集中の職種
求人詳細ページを見る