しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト [更新:Tue Feb 19 23:12:00 JST 2019]

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2015-09-02 11:09:00.0

独立開業だけがゴールではない。組織に属しながら夢を叶える料理人たち

多くの料理人が目標として掲げている「独立開業」。一国一城の主となり、自身が磨いてきた腕を思う存分に発揮したい…。そんな夢を抱きながら、修業に励んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、独立することだけが料理人のゴールではありません。組織に属しながら、探求を続ける料理人も数多くいます。そこでここでは、あえて独立することを選ばずに、組織のなかでその才能を発揮する料理人にスポットをあててご紹介していきます。

組織に属すことで得られる高いモチベーションを生かす

まずご紹介するのは六本木『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』で料理長を務める関谷健一朗氏。関谷氏はパリ修業時代に、巨匠ジョエル・ロブション氏の右腕としてスーシェフを務めていた人物。「パリの星つきレストランでスーシェフを務めていた」という肩書きがあるだけで、日本での出店も容易に叶いそうですが、関谷氏が選んだのは組織に属し続けること。4年間、パリでスーシェフを務めたのち日本へ凱旋。『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション 日本店』の料理長へ就任します。

その後は、フランス料理の王道を学んできた自身の腕を武器に、『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』をさらに高みへと導いていきます。さらに最近は、若手料理人の登竜門ともいえるコンテスト「RED U-35」に出場し、見事、準グランプリを獲得。料理人としての地位を確固たるものにしました。

関谷氏はこれだけの実力、そして名声がありながら、なぜ独立をしないのでしょう?インタビューマガジン『osica MAGAZINE』では、このようなコメントを残しています。

「料理人の最終目標は『独立』ってイメージがあるかと思います。もちろん、そういう選択肢もありますし興味もあります。ただ今すぐって言われたらまだまだ力不足です。本当に当たり前のことを日々続けていく、大好きな料理を継続していく、今はそれを頑張っていきたいですね」


巨匠ジョエル・ロブションの右腕を務め、帰国後は若手料理人の筆頭として縦横無尽な活躍をみせる。そんな関谷氏であっても、自身を“まだまだ力不足”と評する。このストイックな姿勢は、『ジョエル・ロブション』という世界を代表するレストランに属しているからこそ、得られたものなのでしょう。組織に属することで、より高いモチベーションを維持させている好例と言えるかもしれませんね。

社内制度を効果的に利用し、キャリアアップを目指す

続いてご紹介するのは、六本木のイタリア料理店『イル・ムリーノ ニューヨーク』でシェフを務める猪ノ口伸也氏。『イル・ムリーノ ニューヨーク』といえば、“ガッツィー&ガーリッキー(ボリュームがありガーリックが効いている)”をテーマに、パンチの効いたイタリア料理を提供しているお店。照明を極限まで落とした妖しげな雰囲気は、ニューヨークのグルメシーンを見事に再現しています。

猪ノ口氏のキャリアのスタートはカリフォルニア料理を主役とする店舗だったそうです。そこで10年間経験を積み、その後、『イル・ムリーノ ニューヨーク』のオープニングスタッフとして参画。2012年に、シェフに就任します。

猪ノ口氏が経験を重ねたこの2つの店舗は、いずれも株式会社WDI JAPANが運営する店舗。猪ノ口氏は同じ会社のなかで見事にステップアップを重ねたことになります。

ちなみに株式会社WDI JAPANといえば、『ハードロックカフェ』や『カプリチョーザ』といった老舗店、さらには『ウルフギャングステーキハウス』といった話題の店舗を運営する会社。時代をリードする店舗を数多く運営する会社だけに、人材育成には特に力を入れているようで、「WDIカレッジ」と名付けられた育成制度を実施していることでも有名です。

この制度では、調理技能やサービス技能を学べる基礎的な研修はもちろんのこと、海外研修や語学研修といったグローバルな視点を持った研修も実施。世界で通用する人材を育成しています。このような人材育成に力を入れている会社に属することで、自身の力を磨いてきた猪ノ口氏。キャリアを積み重ねることの大切さを体現している人物と言えそうですね。

さて今回は、あえて独立を選ばずに、組織のなかで才能を発揮する2人のシェフをご紹介しました。2人に共通するのは、与えられた環境のなかでしっかりと結果を出し、チャンスをものにしているということ。そして組織に属すことで得られる向上心を生かして、さらなる高みを目指していること。料理人としてのキャリア形成を考えている方は、この2人の料理人としての在り方を参考にしてみてはいかがでしょうか。

求人@飲食店.COMでは、料理人の求人情報を多数掲載しています。
「料理長候補」「調理スタッフ」「調理補助・見習い」の求人一覧よりご覧ください。