しょくヨミ!! 飲食店の正社員/アルバイト求人情報サイト

採用ご担当者様はこちら⇒
  1. トップ
  2. しょくヨミ!!
  3. 未経験から始める飲食店のお仕事! 好スタートを切るための4つのポイント

飲食店で働く人向けのWebマガジン しょくヨミ!!

2017-10-31 16:29:36.0

未経験から始める飲食店のお仕事! 好スタートを切るための4つのポイント

Photo by iStock.com/PeerCreative
人材が引っ張りだこの飲食業界では「未経験者歓迎」や「他業種からの転職歓迎」の求人が増えています。飲食店の仕事は未経験でも始めやすく、バイトデビューは飲食店だったという方も多いのでは?
今回は初めて飲食店で働きたい方、飲食業界への転職を検討されている方に、飲食店の仕事内容や楽しみなこと、お店選びや働く上での心構えをご紹介します。

飲食店の仕事とやりがい

ホールスタッフの仕事とやりがい

ホールで料理をサーブするホールスタッフ。仕事の流れを大まかにいうと、まずお客様を出迎え、客席まで誘導し、料理の注文を受けます。そして注文をキッチンに通し、できたての料理をお客様のもとへお届けします。最後に会計をしてお見送り。このような接客のほか、食器の片づけや掃除など店内の美化も大切な仕事です。

ホールスタッフの方にやりがいを聞くと、一番多い答えは「お客様の笑顔」「ありがとうの言葉」です。自分たちのおもてなしで食事を楽しんでもらえることが、この仕事の醍醐味といえます。また、ホールスタッフの仕事に欠かせないのがチームワーク。忙しい中、みんなで協力し合うことで仲間意識が生まれます。スタッフの絆を深めるために、歓迎会や交流会をするお店も多いようです。

また、お客様とダイレクトに接する重要なポジションのため、アルバイトでもプロとみなされるのもホールスタッフの特徴のひとつ。接客スキルの高いアルバイトスタッフは社員より頼られたり、高い時給をもらうケースもあります。

社員はお店の接客レベルを高めることも大切な仕事。アルバイトの新人研修や既存スタッフの教育を通じて、お客様満足度を向上させることができます。スタッフをマネジメントする力がつけば、店長やマネージャーなどへキャリアアップすることも。他業種から転職される人は、社会人としての経験を期待され店長候補として採用されることもあります。

調理スタッフの仕事とやりがい

調理スタッフには調理師免許が必要と思う人がいるかもしれませんが、免許がなくても調理スタッフになれます。調理未経験の場合、まずは食器や鍋洗い、掃除など水回りの仕事から始めるお店が多いです。そのあと材料の下ごしらえを教わり、先輩やシェフから料理の手ほどきを受けていきます。

調理スタッフのやりがいは、なんといってもプロの調理スキルが身につくこと。調理スキルを磨くにあたり、先輩やシェフ・料理長などの技を間近で見たり、教えてもらえることは大きな財産となります。またオープンキッチンのお店の場合、お客様の反応がダイレクトに伝わります。お客様の「美味しい!」という言葉や笑顔で料理を食す姿は、仕事の大変さを忘れさせてくれます。

ステップアップを目指したい場合、2年以上実務経験があれば、調理師免許の受験資格が得られます。アルバイトでも原則として週4日以上、1日6時間以上の勤務があればOK。勤めている店の責任者から「調理業務従事証明書」を記入してもらえば受験できますので、ぜひトライしてみてください。

自分にあったお店の選び方

Photo by iStock.com/ackF

働くお店を選ぶにあたり、お給料や待遇、通勤場所などは大きなポイントですが、それだけではありません。自分自身が行きたい雰囲気の店、好きな料理ジャンルの専門店、アルバイトから社員登用のある店など「どのようなお店や業態で働いたらモチベーションがあがるか」ということをぜひ選ぶポイントに入れてください。

飲食店デビューにオススメなのが、未経験者歓迎の「オープニングスタッフ」です。スタッフ全員が同期で心強く、多くの店は全員で研修を受けるため全体像が把握しやすいなどのメリットもあります。一からお店を作り上げていく大変さもありますが、その分やりがいや楽しさもあります。

また、未経験者を募集している小規模店もオススメです。アットホームな雰囲気で初心者でも働きやすいでしょう。小規模のお店はお客様との関係が近く、接客の大切さや面白さが味わえます。調理スタッフは仕事内容が多岐に渡る傾向がありますが、経験を多く積みたい人にとってはピッタリです。

仕事を始めるまでにしておくとよいこと

飲食店のスタッフとして最も重要なのは、まず清潔感。飲食店であってはならない「異物混入」の原因の多くは、髪の毛や爪など人の体に由来するものです。店の規則をきちんと守って身だしなみを整えておきましょう。

初めてで少し不安という方は、同じような業態や規模のお店へ行ってみるのもよいでしょう。働く人の目線で見るとイメージトレーニングになります。不安なドキドキがワクワクに変わるかもしれません。

アルバイトの場合、シフトをスムーズに組むため自分のスケジュールをしっかり把握しておくことも大切です。「絶対働ける時間帯」「絶対ダメな時間帯」「調整すれば働ける時間帯」を確認しておきます。社員の場合は、社会保険や年金、雇用保険の状況を確認し、会社に提出する書類を揃えておきましょう。

飲食店スタッフの心構え

Photo by iStock.com/Wavebreakmedia

最後に、飲食店スタッフとして楽しく気分よく働くために知っておきたい心構えをお伝えします。

・清潔感が第一:食べ物をあつかうので基本中の基本。
・体力勝負:慣れるまでは立ち仕事が負担になるかも。体調を整えておくことが大切。
・笑顔がイチバン:笑う門には福来る。お客様も、働く仲間も笑顔で気分がよくなります。
・時間重視:シフトを組んで仕事を回すため、時間を守ることは大切です。

また、始めのうちは覚えることが多いので、メモを取るようにしましょう。最初はみんな初心者です。わからないことがあったら遠慮せず質問しましょう。

いかがでしたか。未経験でも心配無用です! 飲食店のお仕事は、間口が広くて入りやすく、極めれば奥が深い仕事です。また、他業種から転職する人も、さまざまな社会人経験を生かせるという点で歓迎されます。慣れないうちは大変なこともありますが、向いているかどうかはすぐにはわかりません。まずは1年がんばってみてください。

求人@飲食店.COMでは、未経験者歓迎の飲食店求人をたくさん紹介しています。学べる・未経験OKの求人一覧(首都圏版関西版東海版九州版)よりご覧ください。